L'Arc〜en〜Ciel / BUTTERFLY

はてなブックマークに追加
L'Arc〜en〜Ciel / BUTTERFLY
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    BUTTERFLY
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Ki / oon
  • 規格品番:
    KSCL-1930
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    LLLLL
ガイドコメント
約4年3ヵ月ぶりとなる12枚目のオリジナル・アルバム。2008年リリースの「DRINK IT DOWN」から2011年「GOOD LUCK MY WAY」「XXX」「CHASE」までのシングル7曲を含む充実作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2012/2/6)  ⇒  7位 (2/13)  ⇒  29位 (2/20)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2012/2/6)  ⇒  6位 (2/13)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2012/2/6)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2012/2/6)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2012/2/6)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2012/2/6)  ⇒  7位 (2/13)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2012/2/6)  ⇒  5位 (2/13)  ⇒  15位 (2/20)  ⇒  20位 (2/27)
収録曲
01CHASE
望月三起也の人気コミックを映画化した『ワイルド7』主題歌の39thシングル。緊張感のある打ち込みのサウンドを軸に据えたナンバーで、全体をとおして重苦しくダークな雰囲気が覆うが、サビでの“手の鳴る方へ”の高らかなシャウトで一気に突き抜ける。
02XXX
英語のスラングを用いて“キス・キス・キス”と読ませる38thシングル。R&Bともロックともつかない独特の空気感は彼らにとっての新境地といえる仕上がり。hydeのセクシーなヴォーカルにストリングスが絡むサビの美しさは秀逸だ。
03Bye Bye
カラフルなメロディをグラム・ロックのテイストで包み込んだナンバー。単調なポップ・ミュージックにはせず、退廃的な美しさを絶妙なさじ加減で加えるバンドとしてのバランス感覚が抜群。hydeのヴォーカルもピッタリとハマっている。
04GOOD LUCK MY WAY (BUTTERFLY Ver.)
アニメ映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』主題歌の37thシングル。イントロのストリングスをきっかけに一気に弾けるパンキッシュなナンバーだ。グイグイと走るサウンドに乗せ、“いつかまた会えるよう振り返らずに明日へ向かうよ”と力強く歌う。
05BLESS
ストリングスを効果的に使用したバラードで、NHK『バンクーバーオリンピック・パラリンピック放送』テーマ・ソングとなった36枚目のシングル。東京交響楽団の最上峰行によるオーボエ・ソロが美しさによりいっそうの深みを与えている。
06shade of season
アルバム『BUTTERFLY』収録曲の中では唯一となる、yukihiro作詞曲のナンバー。うまく音数を抜いたリズム隊のアンサンブルを軸に、ダークでシリアスな世界を構築。コーラスを巧みに用いて不思議な浮遊感を持たせたブリッジとのギャップが見事。
07DRINK IT DOWN
ゲームソフト『DEVIL MAY CRY 4』のテーマ・ソングとなった34thシングル。ゲームの世界観にピッタリのゴシック調のイントロから、打ち込みを取り入れたハードなビートと歪みを効かせたギターへの展開が印象的なロック・ナンバーだ。
08wild flower
アルバム『BUTTERFLY』からの先行配信として発表されたナンバー。荒野に咲いたたった一輪の花をモチーフにした幻想的な歌詞があたたかく響く。豊かな広がりを持ちながらも力強い意思のようなものを感じさせるサウンドが、歌詞の世界にピッタリ。
09SHINE
NHKで放送された神山健治監督によるアニメ『精霊の守り人』オープニング・テーマの35thシングル。爽やかに疾走するビートと心に響くメロディ、ギターを中心とした豊かなアンサンブルと彼らの“お家芸”ともいえるポップ感が魅力的。
10NEXUS 4
「MY HEART DRAWS A DREAM」に続き、SUBARU「レガシィ」のCMに起用された35thシングル。抜けのいいドラムのビートが心地よく突き抜けるバンド感あふれるロック・チューンだ。力強いhydeの歌声も見事。
11未来世界
アルバム『BUTTERFLY』のラストを彩るドリーミーなナンバー。子守唄のように優しく響く導入から、バンド隊が加わってさらに幻想的な世界を創り出している。アップライト・ベースを使用したtetsuyaのベースソロも新鮮で楽しい。
封入特典
  • 20th L'Anniversaryトレーディングカード(全20種類のうち1種類)(初回のみ)
アーティスト
  • L'Arc-en-Ciel
    日本のロック・バンド。愛称は“ラルク”。名前は仏語の“虹”が由来。メンバーはhyde(vo)、ken(g)、tetsuya(b)、yukihiro(ds)の4名。1991年2月にtetsuyaを中心に大阪で結成し、94年にメジャー・デビュー……
  • 同時発売作品
    L'Arc〜en〜Ciel / BUTTERFLY [2CD+DVD] [限定]
    KSCL-1927〜9   5,217円(税込)   2012/02/08 発売
    LLLLL
    シングル7曲を含む、約4年3ヵ月ぶり通算12枚目のアルバム。妖艶でゴージャスな楽曲はどれも圧倒的な存在感を放っており、美しいメロディが心を打つ。完全生産限定盤には新ミックスとリマスタリングされたP'U……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015