レッド・ホット・チリ・ペッパーズ / カリフォルニケイション [紙ジャケット仕様] [限定]

はてなブックマークに追加
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ / カリフォルニケイション [紙ジャケット仕様] [限定]
CD
ガイドコメント
デイヴ・ナヴァロの脱退とジョン・フルシアンテの再加入を経て制作された99年の7thアルバム。「スカーティッシュ」「カリフォルニケイション」など、ヒット・シングルを多数収録。世界最強のロックがここに。
収録曲
01AROUND THE WORLD
前作から4年のインターバルを経て発表された『カリフォルニケイション』のオープニング・ナンバー。4年の間、山にこもって修行にでも励んでいたかと思わせるほど、筋骨隆々としたファンク・サウンドに興奮。新生レッチリ復活ののろしだ。
02PARALLEL UNIVERSE
宇宙的視野で描かれたスケール大の歌詞を、メタル風のドラマティックな起承転結が展開されるヘヴィ・サウンドに乗せ歌唱。歌詞で登場するガラガラヘビそのままに、ジョンのギターがぐねぐねと動き回っている。
03SCAR TISSUE
全米9位、全英15位のヒットを記録したナンバー。これまでに負った心の傷やドラッグや孤独について歌われた私小説的な歌詞を、イントロからナイーヴなメロディが彩っている。レッチリ屈指の感傷的ナンバーだ。
04OTHERSIDE
決別したドラッグの誘惑に立ち向かうアンソニーの姿が歌われているナンバーで、いつになく暗めのサウンドが歌詞の深刻さに拍車をかけている。力強いベース・ラインと柔和なギター・ラインを対比させた構成が効果的だ。
05GET ON TOP
おバカな歌詞からしてレッチリらしさいっぱいのファンク・ナンバー。パンクとファンクを行き来するフリーのベースに聴き惚れ、ジミ・ヘンドリックスばりのギター・プレイでクールなフレーズを弾くジョンに感嘆してしまう。
06CALIFORNICATION
枯れに枯れたメロウなメロディが切なく響く『カリフォルニケイション』(99年発表)のタイトル曲。細く鳴くようなジョン・フルシアンテのギターが、カリフォルニアへの悲哀をよりいっそう引き立てている。
07EASILY
歌詞に少林寺の思想を盛り込みながら、戦争の意味を問いかける“少林ファンク”。骨組みがガレージ・パンクのようなトラックを、揺るがぬ演奏力で重厚なメロウ・ナンバーへと昇華。ジョンのギター・ソロが会心の鳴りをみせる。
08PORCELAIN
ドラッグに依存することの後悔と倦怠が内包された気だるげなナンバー。おそらくはアンチ・ドラッグの観点で書かれた曲なのだろうが、人によっては逆に試したい欲求を催しそうな曲。彼らにしては珍しく曲調がジャジィ。
09EMIT REMMUS
“サマー・タイム”を逆から読ませたタイトルのヘヴィ・ロック・ナンバー。地元カリフォルニアの魅力と対比させるためか、キンクスでもない彼らがロンドンの描写に挑んでいておもしろい。ノイジーなギターが耳に痛い。
10I LIKE DIRT
スピリチュアル化も目ざましいアンソニーが、地球の素晴らしさを讃えるファンク・ラップ。もちろん単なる讃歌では終わらず、性的隠喩・直喩を絡ませながらレッチリ流に展開。奔放なギター、緊密なリズム隊ともに個性がよく出ている。
11THIS VELVET GLOVE
ドラッグ中毒人生から解脱したアンソニーが、ドラック耽溺時代を省みながら、恋人への想いを打ち明けるラブ・ソング。歌詞中には、こちらもドラッグ中毒にあるジョンの言葉「地獄の上で生きろ」が引用されている。
12SAVIOR
クリームの「ホワイト・ルーム」とジェファーソン・エアプレインの「あなただけを」が合体したようなサイケデリック・ナンバーで、サビではビーチ・ボーイズ風コーラスも顔をのぞかせる。高い演奏力を駆使した変拍子の連続が見せ場。
13PURPLE STAIN
仮に彼らが分別をわきまえたオトナになろうとも、セックスを歌うことを止めないだろう。淡々とした風情のサウンドをバックに、またも性的な内容のラップを展開。モンティ・パイソンにも言及しているのが意外な気もする。
14RIGHT ON TIME
エレクトロな味つけが施されたディスコ・ファンク・ナンバー。映画『メリーポピンズ』での呪文“スパーカリフラジリスティック”を引用したラップが、ゆるやかなメロディの合い間に息もつかせぬ速度で挿入される。
15ROAD TRIPPIN'
アコースティック・ギターとチェンバリンのサウンドを基調としたロマンティックなナンバー。高まるバンドの名声とドラッグへの決別が歌われているらしい歌詞には、デヴィッド・ボウイ『ハンキー・ドリー』の名も登場する。
16GONG LI
ドラムレスで展開される音響ロック風インスト・パートに、メロウなヴォーカル・パートが接合されたナンバー。インスト部とヴォーカル部では明確に雰囲気が異なっているため、曲全体の佇まいとしてはかなり不自然だ。
(16)ボーナストラック
仕様
紙ジャケット仕様
タイアップ
  • 「Around The World」 - 松竹「BECK」オープニングテーマ
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳/内袋/アーティスト・フォト&英語歌詞リーフレット
アーティスト
  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
    米・ロサンゼルス出身のロック・バンド。アンソニー・キーディス(vo)とフリー(b)を中心として1983年に結成。84年のデビュー以降、壮絶なライヴパフォーマンスと数々の名曲でファン層を拡大。6つのグラミー受賞、累計81週1位の最多エントリー……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015