Spitz / CYCLE HIT 1997〜2005 Spitz Complete Single Collection [2CD] [限定][廃盤]

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    CYCLE HIT 1997 - 2005 SPITZ COMPLETE SINGLE COLLECTION
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ポリドール
  • 規格品番:
    UPCH-9232
  • 価格:
    2,667 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Spitz / CYCLE HIT 1997〜2005 Spitz Complete Single Collection [2CD] [限定][廃盤]をAmazon.co.jpで購入するSpitz / CYCLE HIT 1997〜2005 Spitz Complete Single Collection [2CD] [限定][廃盤]を@TOWER.JPで購入するSpitz / CYCLE HIT 1997〜2005 Spitz Complete Single Collection [2CD] [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入するSpitz / CYCLE HIT 1997〜2005 Spitz Complete Single Collection [2CD] [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入するSpitz / CYCLE HIT 1997〜2005 Spitz Complete Single Collection [2CD] [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
デビュー15周年記念日にリリースとなった、初のメンバー公認・公式のシングル・コレクション・アルバム。97年から2005年までのシングルを網羅、「遥か」「スターゲイザー」など数々のヒット曲を堪能できる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2006/3/20)  ⇒  2位 (3/27)  ⇒  7位 (4/3)  ⇒  12位 (4/10)  ⇒  36位 (4/17)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2006/3/20)  ⇒  2位 (3/27)  ⇒  3位 (4/3)  ⇒  8位 (4/10)  ⇒  14位 (4/17)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2006/3/20)  ⇒  4位 (3/27)  ⇒  5位 (4/3)  ⇒  10位 (4/10)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2006/3/20)  ⇒  3位 (3/27)  ⇒  3位 (4/3)  ⇒  8位 (4/10)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2006/3/20)  ⇒  6位 (3/27)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2006/3/20)  ⇒  3位 (3/27)  ⇒  2位 (4/3)  ⇒  10位 (4/10)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2006/3/20)  ⇒  2位 (3/27)  ⇒  5位 (4/3)  ⇒  6位 (4/10)  ⇒  12位 (4/17)  ⇒  16位 (4/24)  ⇒  10位 (5/1)
収録曲
[Disc 1]
01夢じゃない
儚く溶け去ってしまいそうな“君”のいる風景を、“いびつ”な力で守りたい……ちょっと弱気で不器用な主人公が綴る、イノセントなラヴ・バラード。白昼夢のごとくどこか幻想的なサウンドが、美しい詞世界の背景を彩る。
02運命の人
アコースティックな優しさはそのままに、今までにないダイナミックなサウンド・アプローチを見せた、勇壮なラヴ・ソング。直球のタイトルながらも、キメの“アイニージュー”をカタカナにしちゃうカワイイところが、やっぱりスピッツ。
03冷たい頬
まるで日溜りのような、やわらかいアコースティック・サウンドに包まれて綴られる、“君”への追憶記。無邪気な日々は、切なさへと疾走し、そして永遠の別れへ……。淡い色彩を放つ、あまりに穏やかで哀しいラヴ・ソングである。
04
甘美でセンチメンタルなメロディに乗せて綴られる、別れのバラード。それはまるで、やわらかな陽光の中を、楓の葉が儚く散りゆくような……。ギターの轟きと溶け合うピアノの旋律が、晩秋の景色のごとく、深く艶やかな色彩を添える。
05流れ星
06ホタル
“恋”という鮮やかな幻を、短いホタルの一生に重ねた、ドラマティックなロック・チューン。甘美さと悲壮感が鬩ぎ合うサウンドの中、“君”の想いへと疾走していくマサムネの歌声は、いままでにないほど、痛々しい。
07メモリーズ
歪みに歪んだロック・サウンドに乗せて展開する、“あなた”への刹那的な追憶。圧倒されるほどラウドなAメロと、蝶の舞いのごとく艶やかなサビとのコントラストの妙が、リスナーをつかんで離さない。こんな強引なスピッツは珍しい。
08遥か
かの名曲「チェリー」を彷彿させる、穏やかなアコースティック・ナンバー。あっさりした展開ながらも、言いようもない切なさをリスナーの胸にばっちり染み込ませてしまうところが、まさに往年のスピッツの作風そのもの。
09夢追い虫
弱さを武器に戦ってきた、マサムネの心の軌跡そのものを描いたと言える、甘美で切ないロック・バラード。ダイナミックに轟くギターを背に広がっていく歌声は、ちっぽけさを認めるいじらしさと、悟りにも似た力強さを湛える。
10さわって・変わって
シューゲイザー的、轟音・疾走のサウンドに正宗の詞世界が炸裂する、鮮やかなロック・チューン。“言葉より触れ合い”を求めた「スピカ」が第一章なれば、“さわって、変わって”いく劇的な二人を描いた本作は、感動の第二章である。
11ハネモノ
ささやかに生きる“ハネモノ”が、やがて羽を携え、悠然と舞い上がっていくような、感動のバラード・ナンバー。晩夏の切ない匂いが漂うリリックのなかには、マサムネの創作の原点である、“小さきモノへの愛しみ”であふれている。
12水色の街
隠れ名曲「Y」や「エトランゼ」を彷彿させる、白昼夢のごとく幻想的なバラード・ナンバー。浮遊感あふれるスピッツ・サウンドでしか描けない、淋しい“水色の街”。そこへ響き渡る歌声は、儚くも潤いを湛え、妙に心に染み込んでくる。
13スターゲイザー
「明日君がいなきゃ困る、困る」……、星に向かってそんな想いを連呼する、スピッツらしい弱虫ラヴ・ソング。クールに刻むビートの中を吹き抜ける切ない歌声は、”翼になる”かのように、爽やかに、潔く、宇宙へと還っていく。
14正夢
ドラマティックなストリングスが涙をそそる、切ないアコースティック・バラード。”君”との再会というあてもない妄想が、どうか正夢だったなら……そんなあふれ出でる想いは、ギターの轟と溶け合い、どこまでも広がってゆく。
15春の歌
イントロを駆け抜けるギターは、まさに春風のごとく。新しい季節の幕開けにふさわしい、爽やかなナンバーだ。愛と希望の中で舞い上がる、訳もない切なさ。ドラマティックななかにも、繊細な季節感を描くマサムネ・メロディは圧巻。
[Disc 2]
01夢追い虫 (early version)
[2](1)ボーナストラック
タイアップ
  • 「スターゲイザー」 - フジテレビ「恋愛地球旅行あいのり」主題歌
  • 「ハネモノ」 - カルピス「カルピス」
  • 「ホタル」 - 日本テレビ「恋愛部活」番組使用曲
  • 「運命の人」 - TBS「伊藤くん A to E」エンディングテーマ
  • 「運命の人」 - 日本テレビ「恋愛部活」番組使用曲
  • 「春の歌」 - コカ・コーラボトリング「アクエリアス」
  • 「春の歌」 - ロッテ「ガーナミルクチョコレート」TV-CMソング
  • 「正夢」 - 富士フイルム
  • 「正夢」 - フジテレビ「めだか」主題歌
  • 「夢追い虫」 - 東宝「プラトニック・セックス」主題歌
  • 「遥か」 - TBS「ラブストーリー」主題歌
  • 「冷たい頬」 - TBS「伊藤くん A to E」エンディングテーマ
アーティスト
  • スピッツ
    日本のロック・バンド。メンバーは草野マサムネ(vo,g)、三輪テツヤ(g)、田村明浩(b)、崎山龍男(ds)の4名。1987年に結成し、91年にシングル「ヒバリのこころ」とアルバム『スピッツ』でメジャー・デビュー。シングル「ロビンソン」「涙……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015