D-LITE(from BIGBANG) / D'scover [トールケース仕様] [CD+DVD]

はてなブックマークに追加
D-LITE(from BIGBANG) / D'scover [トールケース仕様] [CD+DVD]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    D'SCOVER
  • ジャンル:
    エイジアン・ポップ
  • レーベル:
    YGEX
  • 規格品番:
    AVCY-58125〜B
  • 価格:
    4,180 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    D-LITE(from BIGBANG) / DD-LITE(from BIGBANG) / DD-LITE(from BIGBANG) / DD-LITE(from BIGBANG) / DD-LITE(from BIGBANG) / D
ミニ・レビュー
BIGBANGのハスキー・ヴォーカル、D-LITEのJ-POPカヴァー・アルバム。ビックバンド風アレンジでストレートに歌い上げる姿も胸に迫るのだが、ダンス・ビートでアグレッシブにキメる「今夜はブギー・バック」の肌なじみの良さは無双。プロデューサーは亀田誠治、松尾潔、笹路正徳、VERBALと、これまた無双。
ガイドコメント
BIGBANGのメンバー、D-LITEによる日本ソロ・デビュー作はJ-POPカヴァー集。亀田誠治、松尾潔、笹路正徳、VERBALの4人を制作に迎え、D-LITEのヴォーカリストとしての魅力を引き出した一枚。オリジナル曲も2曲収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    11位 (2013/2/25)
収録曲
[Disc 1]
01陽のあたる坂道
日本で初のソロ・デビュー作にしてカヴァー集となった『D'scover』の幕開けを飾るのは、Do As Infinityの代表曲(2002年)。空にすうっと伸びていくような清らかなヴォーカル、前向きな歌詞、ピアノの旋律と鐘の音が多幸感を生み出す。
02アイ
秦基博のシングル(2010年)のカヴァー。原曲ではローズピアノが温かさを出していたが、ホーンが入りさらに華やかさもプラスされたミッド・バラードに。伸びやかに歌い上げるスタイルは、秦とも親和性が高く、とてもよく合っている。
03歌うたいのバラッド
アルバム『D'scover』のタイトル・チューンにもなった、斉藤和義によるラヴ・バラードの名曲(97年)。斉藤の素朴さに比べ、スウィート&ソウルフルなD-LITEの声を最大限活かすべくアレンジを手がけたのは亀田誠治。真摯に胸に響く一曲だ。
04全力少年
スキマスイッチの代表曲(2005年)のカヴァー。ストリングスとホーン隊が華やかな色を添えたポップ・チューンで、D-LITEの人懐っこい一面と少年の無邪気さ全開の歌詞がリンク。笑顔や楽しさがあふれ出た、胸がすくようなヴォーカルだ。
05Hello
絢香が活動再開後に発表したアルバム『The Beginning』(2012年)のリード曲のカヴァー。原曲のエネルギッシュなバンド・サウンドを大切にしつつファンキーなピアノが絡み、ウキウキする仕上がりに。女性の歌でもなんなく自分色に染める歌唱能力の高さには舌を巻く。
06じょいふる
アルバム『D'scover』中もっとも原曲と離れた挑戦的なアレンジと言える、情熱のラテン・ジャズでいきものがかりをカヴァー。原曲のおちゃめなポップさとは対照的に、淫靡な怪しさすら漂う。ヴォーカルも誘うようなセクシーさが全開。
07やさしさで溢れるように
JUJUを一躍有名にした2009年のミディアム・バラードのカヴァーは、松尾潔の手により、スムースでアーバンなアレンジに。後半のD-LITE自身のコーラスを重ねて、情熱的にたたみかけるヴォーカル・アレンジは切ない歌詞と相まって真摯に胸に響く。
08逢いたくていま
ドラマ『JIN-仁-』の主題歌として話題になった、MISIAのバラード(2009年)のカヴァー。原曲のずっしりとした荘厳なストリングスは軽やかになり、D-LITEのストレートかつ繊細な歌唱力を見せ付ける仕上がりに。つくづくバラードが似合う。
09夢の蕾
レミオロメンの2009年のシングルで、彼らのベスト盤を聴いてD-LITE自身が一番気に入ったというロッカ・バラードのカヴァー。終盤に向かって熱量を増していく歌唱、半音上げた展開が、冬の終わりから暖かい春を迎える描写と重なる。
10BABY DON'T CRY
韓国でのソロ曲の日本語ヴァージョンで、2011年のジャパン・ツアーでも披露された一曲。ひそかに思いを寄せる女性が失恋、何も出来ないけど……泣かないで、と歌う切ないミッド・バラード。終始語りかけるような優しいヴォーカルが印象的。
11WINGS
G-DRAGONと共作した韓国でのソロ曲の日本語ヴァージョン。彼女に別れを切り出されるも、なんとか前に進もうとする男性の心情を描いた一曲。小気味よいギター・リフと空が開けていくような爽快なストリングス・シンセが効いたエレクトロ・ロックだ。
12今夜はブギー・バック (nice vocal) (feat.VERBAL (m-flo))
小沢健二&スチャダラパーの名曲(94年)のカヴァー。オザケン・パートはD-LITEが、スチャ・パートはVERBALが担当。オリジナルなリリック、BPM早めのEDM風サウンドと、とことんスタイリッシュに仕上げられている。
[Disc 2]〈DVD〉
01歌うたいのバラッド (Music Video)
02WINGS (Music Video)
03Making of “D'scover” (interview、Recording、Photo Shooting&Music Video Shooting)
仕様
初回のみトールケース仕様
アーティスト
  • D-LITE
    1989年4月26日生まれ、韓国出身の歌手。男性ダンス&ヴォーカル・グループ“BIGBANG”のヴォーカル担当として知られる。本名はカン・デソン。名前は楽しませるなどを意味する英語“delight”と“いつも明るい”ことに由来。力強くて温か……
  • 同時発売作品
    D-LITE(from BIGBANG) / D'scover [デジパック仕様]
    AVCY-58126   3,080円(税込)   2013/02/27 発売
    D-LITE(from BIGBANG) / DD-LITE(from BIGBANG) / DD-LITE(from BIGBANG) / DD-LITE(from BIGBANG) / DD-LITE(from BIGBANG) / D
    BIGBANGのメンバー、D-LITEによる日本ソロ・デビュー作はJ-POPカヴァー集。亀田誠治、松尾潔、笹路正徳、VERBALの4人を制作に迎え、D-LITEのヴォーカリストとしての魅力を引き出した……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015