スキャンダル / アンコール ショー

はてなブックマークに追加
スキャンダル / アンコール ショー
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    ENCORE SHOW
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    EPIC
  • 規格品番:
    ESCL-3996
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    スキャンダル / アンコール ショーをAmazon.co.jpで購入するスキャンダル / アンコール ショーを@TOWER.JPで購入するスキャンダル / アンコール ショーをHMV.co.jpで購入するスキャンダル / アンコール ショーを楽天ブックスで購入するスキャンダル / アンコール ショーをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
大阪出身4人組ガールズ・バンドで、シングルのカップリング曲に新曲や未発表曲を加えた編集盤。彼女たちらしいポップで爽快感のある曲が並び、リラックスした躍動感が充満している。新曲はラップ・バトルとエレクトロとハード・ロックとをゴチャマゼにしたようなミックス感覚が新鮮。
ガイドコメント
Microsoft「Windows 8」CMソング「サティスファクション」をはじめとするこれまでのシングル・カップリング曲と、デビュー時からライブで話題&人気の初収録楽曲「プレイボーイ」などを収めたコレクション・アルバム。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2013/2/4)  ⇒  38位 (2/11)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    9位 (2013/2/4)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    10位 (2013/2/4)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2013/2/4)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2013/2/4)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2013/2/4)  ⇒  11位 (2/11)
収録曲
01S.L.Magic
メジャー・デビュー・シングル「DOLL」にカップリング収録されたストレートなロックンロール・チューン。恋に落ちた少女のドキドキを綴った歌詞をはじめ、ブリッジの“HEY!HEY!”というコーラスなど、随所に若さを感じさせる初々しいナンバーだ。
02TOKYO
イントロのファニーなギター・リフから、全体を通じてどこかトボけたような印象を与える不思議な浮遊感が魅力のナンバー。いわゆる“東京ソング”とは一線を画す、“見知らぬおじさん”を中心に据えた皮肉な歌詞も楽しい。
03ナツネイロ
“夏の匂い”をきっかけに君との思い出が洪水のようにあふれてくるさまを歌った、心に響くミディアム・アップ。ショート・ディレイを効かせたギターのカッティングが、過去に想いを馳せる心情にピッタリとハマっている。
04FUTURE
走り出しそうな勢いのあるイントロのギター・リフで一気に心を掴む、西川進が編曲を手がけたキャッチーなロック・チューン。“ユーツなモーニン”で幕を開ける1日にうんざりしながらも、未来への希望を綴った言葉が力強い。
05SO EASY
泥臭いアメリカンなテイストで進むロック・ナンバー。唐突にテンポが倍になるサビ、地の底までテンションが落ちるようなブリッジなど、自由気ままなアレンジが楽しい。楽曲制作時の合宿に出てきたという朝ごはんのメニューを歌詞にしてしまう勢いも心強い。
06星の降る夜に
ロマンティックなタイトルからは想像しづらい、暴力的なスピード感とワイルドなサウンドが刺さるパンキッシュなナンバー。ぶっきらぼうな態度を見せるストーリーも曲に合っているが、“最高!絶頂!ロマンス!”と歌うサビだけは思い切りポップ。
07KOSHI-TANTAN
攻撃的なリフが全編を支配するワイルドなミクスチャー・チューン。一人の男を二人の女で取り合う物語で、“乙女協定とは破られるためにあるもの”と平気で言い切る姿が若干怖い。ラップに近いテンション高めの歌唱も見事にキマっている。
08Midnight Television
京極夏彦の小説を原作としたアニメ映画『ルー=ガルー』挿入歌。児童たちが情報端末ですべてを管理される未来を描く作品の世界観に合わせた物語が綴られており、アレンジ面でも要所にデジタルで無機質な仕掛けを施している。
09Shining Sun
シライシ紗トリが作詞と編曲に参加したポップ・ロック・チューン。“未来はいつでも今日の私が創るものなの★”と、キュートに、けれどキッパリと言い切る姿がカッコいい。クラップを効果的に取り入れた爽やかなサウンドも力を与えてくれる。
10CUTE!
サンリオのキャラクター“シナモロール”とのコラボレート・ソング。“いつだって、キミのいちばんそばにいる。”というメッセージを大切な人へのエールとして投げかける歌詞が心に響く。リレーのようにメンバーが歌い継ぐ仕掛けも効果的。
11Emotion
RINAが初めて作詞曲を手がけたミディアム・アップのロック・チューン。胸の内に秘めた想いを伝えることのできない、もどかしい心境を飾らない言葉で綴った歌詞に心が痛む。苛立ちを表わしたようなサウンドも見事。
12サティスファクション
疾走感ある“wow wow〜”のコーラスが印象的な「Microsoft Windows 8」CMソング。カラっとしたアメリカンなテイストが楽しいパンク・ロック・ナンバーで、語感を大切にした歌詞のノリも良い感じ。
13Want you
MAMIが初めて作詞曲を手がけたハード・ロック調のテイストがワイルドなナンバー。ギタリストの彼女らしくヴィンテージ・ギターへの想いを綴っているが、セクシーな言葉遣いは男性へのメッセージにも聴こえる。長めのギター・ソロもクール。
14君に嫉妬中
抜けのいいドラム、キレのあるギターのカッティング、ウネウネとしつつリズムを的確に支えるベースが絡み合ったキラー・チューン。長い休符のキメなどをちりばめたアレンジなど、バンドとしての能力の高さを思い知らせてくれる。
15ひかれ
浮遊感のあるメロディが不思議な印象を与えるロック・ナンバー。恋のドキドキとも、バンド・メンバーに向けた想いとも取れる言葉が並ぶ。テクニカルなアンサンブルを交えつつ、とにかく各パートをジャカジャガ鳴らしたサビの高揚感は秀逸。
16ハッピーコレクター
映画『今日、恋をはじめます』のテーマ・ソングは、「I Fought the Law」を思わせるようなカラっとしたロック・チューン。“ローリンなエブリデー”“アクシデントにセイハロー”など、カタカナ英語丸出しの歌詞もキャッチー。
17プレイボーイ
ライヴ映えしそうなコール&レスポンスをはじめ、どこをとっても音圧&テンション高めのロック・チューン。気まぐれなプレイボーイにふりまわされる健気な女心を歌う。スポークン・ワード風のキュートなヴォーカルも楽しい。
タイアップ
  • 「KOSHI-TANTAN」 - 東映「ルー=ガルー」挿入歌
  • 「Midnight Television」 - 東映「ルー=ガルー」主題歌
  • 「サティスファクション」 - マイクロソフト「WINDOWS 8」TV-CMソング
  • 「ハッピコレクター」 - 東宝「今日、恋をはじめます」テーマソング
封入特典
  • メンバー写真ステッカー(全5種類中1種類ランダム)(初回のみ)
アーティスト
  • SCANDAL
    大阪発のガールズ・バンド。メンバーはHARUNA(vo,g)、MAMI(g)、TOMOMI(b)、RINA(ds)の4名。2006年に結成。地元でのストリートライヴやライヴハウスなどへの出演を重ね、2008年に1stシングル「DOLL」でメ……
  • 同時発売作品
    ESCL-3994〜5   3,333円+税   2013/02/06 発売
    スキャンダル / アンコール ショー [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するスキャンダル / アンコール ショー [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するスキャンダル / アンコール ショー [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するスキャンダル / アンコール ショー [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するスキャンダル / アンコール ショー [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
    Microsoft「Windows 8」CMソング「サティスファクション」をはじめとするこれまでのシングル・カップリング曲と、デビュー時からライブで話題&人気の初収録楽曲「プレイボーイ」などを収めたコ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[特集] 〽玉川太福のまるごとぉぉぉぉぉ『浪曲師 玉川太福読本』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015