アヴリル・ラヴィーン / グッバイ・ララバイ

はてなブックマークに追加
アヴリル・ラヴィーン / グッバイ・ララバイ
CD
ミニ・レビュー
日本のチャートで初登場2位を記録したのも納得の、4年ぶりの4作目。結婚直後の前作に対して離婚直後の本作だが、元ダンナのプロデュース参加も功を奏して打ち込みも使いつつナチュラルな仕上がりで、切ない歌声が際立つバランスいい出来だ。ボブ・ディランの「天国への扉」のカヴァーを追加。
ガイドコメント
世界的なロック・プリンセス、アヴリル・ラヴィーンの『ベスト・ダム・シング』に続く約4年ぶりの4thアルバム。「ワット・ザ・ヘル」ほかアッパー・トラックから切ないバラードまで、“これまでで最もパーソナルで大切なもの”と語る意欲作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2011/2/28)  ⇒  4位 (3/7)  ⇒  3位 (3/14)  ⇒  4位 (3/21)  ⇒  5位 (3/28)  ⇒  18位 (4/4)  ⇒  25位 (4/11)  ⇒  32位 (4/18)  ⇒  27位 (4/25)  ⇒  15位 (5/2)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2011/2/28)  ⇒  6位 (3/7)  ⇒  3位 (3/14)  ⇒  3位 (3/21)  ⇒  5位 (3/28)  ⇒  20位 (4/4)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2011/2/28)  ⇒  3位 (3/7)  ⇒  5位 (3/14)  ⇒  3位 (3/21)  ⇒  3位 (3/28)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2011/2/28)  ⇒  2位 (3/7)  ⇒  5位 (3/14)  ⇒  1位 (3/21)  ⇒  3位 (3/28)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2011/2/28)  ⇒  5位 (3/7)  ⇒  2位 (3/21)  ⇒  3位 (3/28)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2011/2/28)  ⇒  3位 (3/7)  ⇒  3位 (3/14)  ⇒  1位 (3/21)  ⇒  1位 (3/28)  ⇒  10位 (4/4)  ⇒  6位 (4/11)  ⇒  10位 (4/18)  ⇒  7位 (5/2)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2011/2/28)  ⇒  1位 (3/7)  ⇒  1位 (3/14)  ⇒  1位 (3/21)  ⇒  2位 (3/28)  ⇒  5位 (4/4)  ⇒  7位 (4/11)  ⇒  7位 (4/18)  ⇒  8位 (4/25)  ⇒  6位 (5/2)  ⇒  12位 (5/9)
収録曲
01BLACK STAR
4thアルバム『グッバイ・ララバイ』のイントロダクションとなる約1分30秒の小品。アヴリルが展開するタイトルと同名の香水をモチーフにした、マジカルでドリーミーなナンバーだ。黒い星(=ユニークな存在)になれると自身を鼓舞するデリック・ウィブリー制作曲。
02WHAT THE HELL
4thアルバム『グッバイ・ララバイ』先行シングルとなった、ポジティヴなパーティ・チューン。“人生ちゃんと生きなきゃなんて、そんなの気にしない!”とあっけらかんと言い切る、アヴリルらしいぶっ飛び感がたまらない。制作はマックス・マーティン&シェルバック。
03PUSH
デリック・ウィブリー(SUM 41)制作のミディアム・チューン。運命で結ばれた関係ならお互いに歩み寄らなきゃと、いらだちを隠せないながらも愛を説く。焦燥を醸し出す歌唱とシンプルなギターの重なりが、どことなく切なさを感じさせる。
04WISH YOU WERE HERE
あなたがいてくれたらどんなにいいかと、ぽっかりと穴が開いたような心境を綴ったミディアム・ロック・バラード。ほろ苦い“Damn、Damn……”からのリフレインは、じくじくとした痛みが感じられる。制作はマックス・マーティン&シェルバック。
05SMILE
まともじゃないアタシがアンタに一目惚れして笑えるほど最高な気分! と歌うマックス・マーティン&シェルバック制作によるハイテンションなパンキッシュ・ロック。ヨーデル風にファルセットを効かせながら歌う“スマイル”には、理屈じゃない喜びに満ちている。
06STOP STANDING THERE
ギターとクラップが先導するアコースティック風な出で立ちのミディアム・ロック・チューン。立ち止まってないで私に気づいてよ、と彼に夢中な女子のトキメキをいたずらっぽく歌う。プロデュースはブッチ・ウォーカー。
07I LOVE YOU
マックス・マーティン&シェルバックによるシンプルなギターが印象的なミッド。マイナー調で口ずさむ“ララ、ララララ”や繰り返される“I Love You”の優しいフレーズに、大らかな母性をうかがわせる。アラニス・モリセット風の飾り気のないラヴ・ソングだ。
08EVERYBODY HURTS
誰もが傷つき叫ぶこともあるってわかった。でも、大丈夫……と自らに言い聞かせる姿は、痛々しくも悲しげだ。晴れ間なく雲が覆った空のような憂鬱さを帯びるメロディ・ラインがはかなげで美しい、デリック・ウィブリー(SUM 41)制作のミディアム・ロック。
09NOT ENOUGH
軽快なギターが進むなかで語られるのは、愛の終焉。こんな関係のままじゃ満足できないのと恋人との別れを告げる、もの憂げなムードが印象的なミッド。制作は元夫のデリック・ウィブリー(SUM 41)だが、音楽的パートナーシップと相性の良さは健在だ。
104 REAL
アヴリル・ラヴィーン自身のプロデュースによるセンチメンタルなナンバー。あなたがいるだけで心が穏やかになれるという、ひとつずつ確かめるように吐露する歌唱が印象的だ。安堵の表情がうかがえる郷愁的なサウンドも魅力。
11DARLIN
デリック・ウィブリー(SUM 41)制作の、シンプルなギターで紡がれる大切な人への愛の歌。辛さに負けて臆病になっている愛しい人へ、幸せを祈るから涙を拭って顔を上げてと優しく問いかける。声をしっかりと届ける歌唱が出色。
12ALICE
映画『アリス・イン・ワンダーランド』へ書き下ろしたブッチ・ウォーカー制作曲のリミックス版。どんな苦境に立たされても生き残ってみせるという強い意志は、時にビョークを思わせる、まっすぐ前を見据えた歌唱にも表われている。生命力に富んだナンバーだ。
13REMEMBER WHEN
愛の終焉を綴ったミディアム・バラード。穏やかな鍵盤やストリングスを背景に、もう元には戻れない悲しみやもどかしさを歌う。エモーショナルなクライマックスには、すべてはこれも人生と受け止める力強さが伝わってくる。制作はデリック・ウィブリー(SUM 41)。
14GOODBYE
アヴリル・ラヴィーンのセルフ・プロデュースによるドリーミーなナンバー。ストリングスを大胆にフィーチャーした作風は、幻想的なおとぎ話の世界観。愛しい人に別れを告げる複雑な心境を描いた、心を丸裸にして歌う悲しき“ララバイ”だ。
15KNOCK' ON HEAVEN'S DOOR
4thアルバム『グッバイ・ララバイ』日本盤にボーナス収録されたボブ・ディランのカヴァー。シンプルなギターとパーカッションを添えただけの、生々しいアコースティック・ナンバーだ。安堵と憂鬱が入り交じった“ノック、ノック……”のリフレインが耳を奪う。
(15)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Bad Reputation」 - 東映「ONE PIECE FILM Z」主題歌
  • 「How You Remind Me」 - 東映「ONE PIECE FILM Z」主題歌
  • 「What The Hell」 - 日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」エンディングテーマ
  • 「What The Hell」 - レコチョク「レコチョク」TV-CMソング
  • 「アリス」 - ウォルト・ディズニー・スタジオ「アリス・イン・ワンダーランド」エンディングテーマ
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳/ステッカー(初回のみ)
アーティスト
  • アヴリル・ラヴィーン
    1984年9月27日生まれ、カナダ・オンタリオ州ベルヴィルの出身のシンガー・ソングライター。出生名はアヴリル・ラモーナ・ラヴィーン。2002年に『レット・ゴー』でアルバム・デビュー。「コンプリケイテッド」「スケーター・ボーイ」などのヒットで……
  • 同時発売作品
    アヴリル・ラヴィーン / グッバイ・ララバイ [CD+DVD] [限定]
    SICP-2821〜2   2,800円+税   2011/03/02 発売
    アヴリル・ラヴィーン / グッバイ・ララバイ [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するアヴリル・ラヴィーン / グッバイ・ララバイ [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するアヴリル・ラヴィーン / グッバイ・ララバイ [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するアヴリル・ラヴィーン / グッバイ・ララバイ [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するアヴリル・ラヴィーン / グッバイ・ララバイ [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
    世界的なロック・プリンセス、アヴリル・ラヴィーンの『ベスト・ダム・シング』に続く約4年ぶりの4thアルバム。「ワット・ザ・ヘル」ほかアッパー・トラックから切ないバラードまで、“これまでで最もパーソナル……
    アヴリル・ラヴィーン / エッセンシャル・ミックス
    SICP-2825   1,800円+税   2011/03/02 発売
    アヴリル・ラヴィーン / エッセンシャル・ミックスをamazon.co.jpで購入するアヴリル・ラヴィーン / エッセンシャル・ミックスをTOWER RECORDS ONLINEで購入するアヴリル・ラヴィーン / エッセンシャル・ミックスをHMV.co.jpで購入するアヴリル・ラヴィーン / エッセンシャル・ミックスを楽天ブックスで購入するアヴリル・ラヴィーン / エッセンシャル・ミックスをTSUTAYAで購入する
    ロック・ディーヴァの象徴的存在であるアヴリルのレア音源を収録。デビュー曲の別ミックスやリミックス、アコースティック・ヴァージョンなど、入手困難な音源で構成、彼女のすべてを知りたいファンにお勧めの一作。……
    アヴリル・ラヴィーン / ベスト・ダム・シング
    SICP-2824   1,800円+税   2011/03/02 発売
    アヴリル・ラヴィーン / ベスト・ダム・シングをamazon.co.jpで購入するアヴリル・ラヴィーン / ベスト・ダム・シングをTOWER RECORDS ONLINEで購入するアヴリル・ラヴィーン / ベスト・ダム・シングをHMV.co.jpで購入するアヴリル・ラヴィーン / ベスト・ダム・シングを楽天ブックスで購入するアヴリル・ラヴィーン / ベスト・ダム・シングをTSUTAYAで購入する
    デビュー3作連続ミリオン・セールスの快挙を達成した、2007年発表の3rdアルバム。デジタルのみで300万ダウンロード超の全米No.1シングル「ガールフレンド」を含む、躍動感あふれる楽曲が満載。日本盤……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015