ニルヴァーナ / インセスティサイド [再発]

はてなブックマークに追加
ニルヴァーナ / インセスティサイド [再発]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    INCESTICIDE
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ゲフィン
  • 規格品番:
    UICY-6134
  • 価格:
    1,760 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ニルヴァーナ / インセスティサイド [再発]をAmazon.co.jpで購入するニルヴァーナ / インセスティサイド [再発]を@TOWER.JPで購入するニルヴァーナ / インセスティサイド [再発]をHMV.co.jpで購入するニルヴァーナ / インセスティサイド [再発]を楽天ブックスで購入するニルヴァーナ / インセスティサイド [再発]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
92年にリリースされたレア・トラック集。未発表音源や、イギリスBBCラジオのジョン・ピール・セッション、マーク・グッディア・セッションなどを収録した、バラエティに富んだ内容。
収録曲
01DIVE
“ダイヴ、ダイヴ”と、歌詞でモッシュをうながすヘヴィ・ナンバー。カート考案のギター・リフにクリス考案のベース・ラインを重ねた曲だが、勝るのはベースの魅力か。シングル「スリヴァー」のB面曲として発表された。
02SLIVER
90年発表のサード・シングル。シングル曲にふさわしいキャッチーな佳曲で、祖母に哀願する歌詞も印象的だ。表情豊かなベース・ラインが曲全体のグルーヴを牽引している。ダン・ピーターズ(マッドハニー)がドラムスを担当。
03STAIN
EP「ブルー」(89年)収録のスピーディなナンバー。歌も演奏も簡素な素材でコンパクトに構成されているにもかかわらず、これだけの起承転結が演出できるのはさすが。歌詞では、カート視点による父親の視線を表現する。
04BEEN A SON
EP「ブルー」(89年)収録ナンバーのBBCセッション音源で、録音は91年11月9日。『ラバー・ソウル』期のビートルズをニルヴァーナ・スタイルに翻案したような、パンクでポップでハーモニックな演奏がすこぶる魅力的だ。
05TURNAROUND
豪日限定ミニ・アルバム『ホルモウニング』収録のBBCセッション音源で、録音は90年10月21日。ディーヴォのニューウェイヴ・ナンバーを、ソリッドな魅力は活かしつつグランジ化。愛情たっぷりの秀逸なカヴァーに仕上がっている。
06MOLLY'S LIPS
カートが“生涯最高のバンド”と讃える、ヴァセリンズのカヴァー。過去にもこの曲のカヴァーを発表している彼らだが、ここで聴けるのは90年10月21日録音のBBCセッション音源。もはやリメイクに等しい独自性が見事だ。
07SON OF A GUN
カートが“生涯最高のバンド”と讃える、ヴァセリンズのカヴァー。原曲同様の叩きつけるようなプレイながら、デイヴのパワフルすぎるドラミングがオリジナルを思わせる雰囲気に。90年10月21日録音のBBCセッション音源。
08(NEW WAVE) POLLY
09BEESWAX
“キル・ロック・スターズ”レーベルのオムニバス『Kill Rock Stars』(91年)に提供された、88年初頭の録音曲。ラフ&ヘヴィなサウンド、ハイ・テンションなヴォーカル、そしてむやみに大きな音処理のドラミングが印象的だ。
10DOWNER
カートが敬愛するバンドのひとつ、ブラック・フラッグを思わせるハードコアなナンバー。為政者を罵倒する政治的な歌詞にも、彼らからの影響がみられる。『ブリーチ』のCD化に際し、ボーナス・トラックとして追加収録された。
11MEXICAN SEAFOOD
“C/Z”レーベルのシングル企画シリーズ“Teriyaki Asthma”の第1弾(89年)に提供されたパンキッシュなナンバー。変則的でリズミカルなメロディアス・サウンドに乗せ、なにやら泌尿器系の痛みを訴える詞が歌われる。
12HAIRSPRAY QUEEN
随所にニューウェイヴ調のトンがったギター・フレーズが配された、88年初頭録音のナンバー。カートがエキセントリックに、クールにと、さまざまな表情のヴォーカルで楽しませてくれる。さりげなく跳ね続けるベースも◎。
13AERO ZEPPELIN
エアロスミスとレッド・ツェッペリンを合体させたタイトルが示唆するとおり、1970年代ロックへのオマージュで構成されたナンバー。重厚なリズムやリフに乗せ、“文化は過去の焼き直し”と音楽業界をシニカルな視点で揶揄する。
14BIG LONG NOW
スローな曲調が適さないとの判断で、デビュー作『ブリーチ』には収録されなかったナンバー。淡々として荒んだ雰囲気のサウンドが魅力的で、スローなテンポからさらに少しずつ速度を落とす終盤の展開も秀逸だ。
15ANEURYSM
シングル「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」収録曲として発表されたナンバーのBBCセッション音源(91年11月9日録音)。長く複雑なイントロをはじめ、曲構成が高度かつ難解。それでいてキャッチーさを損なわないのが見事だ。
封入特典
  • 解説
アーティスト
  • ニルヴァーナ(US)
    1987年、米ワシントン州アバディーンで結成されたロック・バンド。89年にシングル「ラヴ・バズ」でデビュー。その後〈ゲフィン〉へ移籍し、91年に2ndアルバム『ネヴァーマインド』を発表。パンキッシュなアティテュードを込めた詞と中低音域のヘヴ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015