深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ / 深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ・ライヴ [再発]

はてなブックマークに追加
深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ / 深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ・ライヴ [再発]
CD
再発
  • 原題:
    JUN FUKAMACHI & THE NEW YORK ALL STARS LIVE
  • ジャンル:
    ポップ・ジャズ/フュージョン
  • レーベル:
    GT music
  • 規格品番:
    MHCL-1558
  • 価格:
    2,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ / 深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ・ライヴ [再発]をAmazon.co.jpで購入する深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ / 深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ・ライヴ [再発]をHMV.co.jpで購入する深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ / 深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ・ライヴ [再発]を楽天ブックスで購入する深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ / 深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ・ライヴ [再発]を@TOWER.JPで購入する
    深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ / 深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ・ライヴ [再発]を山野楽器で購入する深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ / 深町純&ザ・ニューヨーク・オールスターズ・ライヴ [再発]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
1978年、ニューヨーク録音のアルバム発表後に日本で行なわれたライヴを収録。デヴィッド・サンボーンやマイケル・ブレッカーなど、振り返ってみると凄いメンツのソロがふんだんに聴ける必聴盤。
トラックリスト
01ROCKS
02SARA SMILE
03VIRGINIA SUNDAY
04INSIDE OUT
05I'M SORRY
06DANCE OF PARANOIA OP.2
07GYPSY JELLO
08JACK KNIFE
09LOVE PLAY
演奏
深町純(KEY) リチャード・ティー(P) ランディ・ブレッカー(TP) マイケル・ブレッカー(TS) デイヴィッド・サンボーン(AS) マイク・マイニエリ(VIB) アンソニー・ジャクソン(B) スティーヴ・カーン(G) スティーヴ・ガッド(DS)
録音
78.9
封入特典
  • 深町純による解説
  • スティーヴ・ガッド
    ジャズ、ロック、フュージョンなどさまざまなフィールドで活躍する現代最高のセッション・ドラマー。1945年、米ニューヨーク生まれ。70年代を代表するニューヨークのセッション・ミュージシャン集団“スタッフ”のドラマーとして絶大な人気を集めた。解……
  • アンソニー・ジャクソン
    1952年6月23日生まれ、米ニューヨーク出身の6弦ベース奏者。音楽好きの両親のもとで育ち、最初はクラシック・ギターを学んでいたが、次第にベースに専念。ジェームス・ジェマーソンやジャック・キャサデイの演奏に影響を受けながら、10代で自身のス……
  • マイケル・ブレッカー
    1949年3月米国ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれ。ニューヨークに進出後、伝説的なアルバム『ホワイト・エレファント』のセッションに参加。またスタジオ・ワークで数多く名演を残し、フュージョン・テナーの第一人者として知られる存在となる。……
  • スティーヴ・カーン
    1947年生まれ。作詞家サミー・カーンの息子。1969年にU.C.L.A.を卒業した後、ジャズに興味を持ち、ニューヨークに移住。メイナード・ファーガソンやバディ・リッチなどと共演しギタリストとして頭角を表わす。77年にボブ・ジェイムス他、当……
  • 深町純
    1946年、東京生まれ。3歳よりピアノを始め、65年に東京芸大に入学。作曲を池内友次郎、三善晃に師事。69年、卒業10日前に退学。在学中、劇団四季のドストエフスキー『白痴』で音楽を担当したのを皮切りに、音楽業界の仕事を始める。以後は作編曲や……
  • デヴィッド・サンボーン
    1945年7月米国フロリダ州タンパ生まれ。アルト・サックス奏者。子供の頃にかかった小児麻痺のリハビリとしてアルト・サックスを始める。67年にポール・バターフィールドのバンドでプロ・デビュー。70年代中頃からはジャズ・フィールドに限らないセッ……
  • リチャード・ティー
    1943年生まれ。鉄壁のスタジオ・ミュージシャン集団“スタッフ”のキーボーディスト。主に70年代にスタッフの活動と並行して膨大なレコーディングに参加したセッション・ピアニストの頂点。ジャズでは独特の南部フィーリングを超人的なリズム感で表現し……
  • マイク・マイニエリ
    1938年、ニューヨークに生まれる。70年代に繁栄を極めたフュージョン・シーンの立役者として有名なヴァイブ奏者。フュージョンのイメージが強いがモダン・ジャズ全盛の50年代からオーソドックスなジャズ・ヴァイブを演奏していたキャリアの長い演奏家……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015