GLAY / JUSTICE

はてなブックマークに追加
GLAY / JUSTICE
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    JUSTICE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    loversoul music&associates
  • 規格品番:
    PCCN-00006
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    GLAY / JUSTICEをAmazon.co.jpで購入するGLAY / JUSTICEをHMV.co.jpで購入するGLAY / JUSTICEを楽天ブックスで購入するGLAY / JUSTICEを@TOWER.JPで購入する
    GLAY / JUSTICEを山野楽器で購入するGLAY / JUSTICEをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
『GUILTY』と同時リリースとなる11枚目のアルバム。90年代オルタナティヴ・ロックのテイストを感じさせるJIRO作曲の「WHO KILLED MY DIVA」、ヘヴィなギター・サウンドを軸にしたHISASHI作曲のシングル「JUSTICE[FROM]GUILTY」をはじめ、セルフ・プロデュースならではの楽曲が並ぶ。
2013年1月23日リリースの11thアルバムで12th『GUILTY』と同時発表作。初のセルフ・プロデュース作で「JUSTICE [FROM]GUILTY」「運命論」を含む全10曲を収録。GLAYの新たなサウンドが凝縮された一枚だ。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2013/1/21)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2013/1/21)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2013/1/21)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    5位 (2013/1/21)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2013/1/21)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2013/1/21)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2013/1/21)  ⇒  17位 (1/28)
トラックリスト
01WHO KILLED MY DIVA
アメリカンな泥臭いテイストを中心にしつつ、要所にテクニカルなギミックを散りばめたJIRO作曲のロック・ナンバー。“とりあえずツブヤク”“とりあえず Make Love”など、若い世代への風刺を盛り込んだ歌詞も痛快だ。
02ROUTE 5 BAYSHORE LINE (album ver.)
冒頭で登場する“阪神高速5号湾岸線”をはじめ、“FM802”“USJ”など大阪ならではのフレーズが多く盛り込まれたミディアム・テンポのロック・チューン。友人の彼女に抱く淡い恋心を描くが、どこか晴れやかなサウンドが印象的だ。
03PARADISE LOST
力強く突き進むドラムに呼応するように、各パートが攻撃的なアプローチで仕掛けるアップ・チューン。ジョン・ミルトンの叙事詩『失楽園』の原題でもあるタイトルを冠しており、“恋に不埒な二人”を描いた歌詞の世界もピッタリだ。
04LOVE IMPOSSIBLE
かすかにファンクのテイストもはらんだ16ビートのアグレッシヴなナンバー。想いが届くことのなかった切ない恋物語を、女性目線の色っぽい言葉を並べて描き出す。唐突に歌詞のテイストが変わり、スパッと終わるラストがユニーク。
05真昼の月の静けさに
映画『草原の椅子』主題歌。アコースティク・ギターとピアノによる幕開けからサビでバンド・サウンドへと突入するGLAYの王道パターンともいえる壮大なバラードで、TERUのエモーショナルな歌声が胸を打つ。
06gestalt
11thアルバム『JUSTICE』中盤に配されたインストゥルメンタル。永井誠一郎が編曲を手がけた厳かなストリングスからはじまり、重厚にしてシリアスな世界を構築。大作映画の幕開けのような、予感に満ちた仕上がりだ。
07JUSTICE[FROM]GUILTY (album ver.)
46thシングルは、凛として時雨のピエール中野がドラムで参加したロック・ナンバー。中盤で唐突に転調、そこからまた元に戻るというトリッキーな展開が特徴的だ。映画の脚本のように風景を断片的に切り取った歌詞が、曲にストーリー性を与えている。
08傷だらけの太陽
凛として時雨のピエール中野がドラムで参加したロック・チューン。背中を押してくれるような力強い言葉が並び、思わず拳を突き上げてシンガロングしたくなる“WOW〜”のフレーズが印象的だ。中盤のギター・バトルもスリリング。
09運命論
凛として時雨のピエール中野がドラムで参加した47thシングル。“生きる”という壮大なテーマを軸にした詩的な趣きも感じさせるTAKUROの言葉を、JIROのおおらかなメロディで包み込んだミディアム・ナンバーだ。どこか不穏なアウトロが肝。
10SMILE
ゴミ箱を叩いてリズムを生み出すなど、路地裏でのセッションのようなナンバー。“放射性物質(じゅうこう)”“尖閣諸島(うみ)”など、ルビを用いた直接的な言葉が並ぶ。願いが込もった“せめてスマイル…”のリフレインが感動的。
仕様
スリーヴケース付き
  • GLAY
    北海道出身のロック・バンド。メンバーはTERU(vo)、JIRO(b)、TAKURO(g)、HISASHI(g)の4名。1988年に結成し、94年に「レイン」でメジャー・デビュー。96年の「グロリアス」でブレイク以降、21年連続でシングルを……
  • GLAY / JUSTICE [CD+DVD]
    PCCN-00005   3,333円+税   2013/01/23 発売
    GLAY / JUSTICE [CD+DVD]をamazon.co.jpで購入するGLAY / JUSTICE [CD+DVD]をHMV.co.jpで購入するGLAY / JUSTICE [CD+DVD]を楽天ブックスで購入するGLAY / JUSTICE [CD+DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するGLAY / JUSTICE [CD+DVD]を山野楽器で購入するGLAY / JUSTICE [CD+DVD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    2013年1月23日リリースの11thアルバムで12th『GUILTY』と同時発表作。初のセルフ・プロデュース作で「JUSTICE [FROM]GUILTY」「運命論」を含む全10曲を収録。GLAYの……
    GLAY / GUILTY [CD+DVD]
    PCCN-00007   3,333円+税   2013/01/23 発売
    GLAY / GUILTY [CD+DVD]をamazon.co.jpで購入するGLAY / GUILTY [CD+DVD]をHMV.co.jpで購入するGLAY / GUILTY [CD+DVD]を楽天ブックスで購入するGLAY / GUILTY [CD+DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するGLAY / GUILTY [CD+DVD]を山野楽器で購入するGLAY / GUILTY [CD+DVD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    2013年1月23日リリースの12thアルバム。夏開催の長居スタジアムのテーマ・ソング「Bible」や『G4・II -THE RED MOON-』収録の「everKrack」を含む全10曲を収録。プロ……
    GLAY / GUILTY
    PCCN-00008   2,381円+税   2013/01/23 発売
    GLAY / GUILTYをamazon.co.jpで購入するGLAY / GUILTYをHMV.co.jpで購入するGLAY / GUILTYを楽天ブックスで購入するGLAY / GUILTYをTOWER RECORDS ONLINEで購入するGLAY / GUILTYを山野楽器で購入するGLAY / GUILTYをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    2年3ヵ月ぶりのアルバムは2枚同時発売。初のセルフ・プロデュースとなる『JUSTICE』に対し、本作では佐久間正英を共同プロデューサーに迎えている。荘厳なオーケストラによるオープニングからポップでアグ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015