GLAY / JUSTICE

はてなブックマークに追加
GLAY / JUSTICE
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    JUSTICE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    loversoul music&associates
  • 規格品番:
    PCCN-00006
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    GLAY / JUSTICEをAmazon.co.jpで購入するGLAY / JUSTICEを@TOWER.JPで購入するGLAY / JUSTICEをHMV.co.jpで購入するGLAY / JUSTICEを楽天ブックスで購入するGLAY / JUSTICEをTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
『GUILTY』と同時リリースとなる11枚目のアルバム。90年代オルタナティヴ・ロックのテイストを感じさせるJIRO作曲の「WHO KILLED MY DIVA」、ヘヴィなギター・サウンドを軸にしたHISASHI作曲のシングル「JUSTICE[FROM]GUILTY」をはじめ、セルフ・プロデュースならではの楽曲が並ぶ。
ガイドコメント
2013年1月23日リリースの11thアルバムで12th『GUILTY』と同時発表作。初のセルフ・プロデュース作で「JUSTICE [FROM]GUILTY」「運命論」を含む全10曲を収録。GLAYの新たなサウンドが凝縮された一枚だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2013/1/21)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2013/1/21)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2013/1/21)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    5位 (2013/1/21)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2013/1/21)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2013/1/21)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2013/1/21)  ⇒  17位 (1/28)
収録曲
01WHO KILLED MY DIVA
アメリカンな泥臭いテイストを中心にしつつ、要所にテクニカルなギミックを散りばめたJIRO作曲のロック・ナンバー。“とりあえずツブヤク”“とりあえず Make Love”など、若い世代への風刺を盛り込んだ歌詞も痛快だ。
02ROUTE 5 BAYSHORE LINE (album ver.)
冒頭で登場する“阪神高速5号湾岸線”をはじめ、“FM802”“USJ”など大阪ならではのフレーズが多く盛り込まれたミディアム・テンポのロック・チューン。友人の彼女に抱く淡い恋心を描くが、どこか晴れやかなサウンドが印象的だ。
03PARADISE LOST
力強く突き進むドラムに呼応するように、各パートが攻撃的なアプローチで仕掛けるアップ・チューン。ジョン・ミルトンの叙事詩『失楽園』の原題でもあるタイトルを冠しており、“恋に不埒な二人”を描いた歌詞の世界もピッタリだ。
04LOVE IMPOSSIBLE
かすかにファンクのテイストもはらんだ16ビートのアグレッシヴなナンバー。想いが届くことのなかった切ない恋物語を、女性目線の色っぽい言葉を並べて描き出す。唐突に歌詞のテイストが変わり、スパッと終わるラストがユニーク。
05真昼の月の静けさに
映画『草原の椅子』主題歌。アコースティク・ギターとピアノによる幕開けからサビでバンド・サウンドへと突入するGLAYの王道パターンともいえる壮大なバラードで、TERUのエモーショナルな歌声が胸を打つ。
06gestalt
11thアルバム『JUSTICE』中盤に配されたインストゥルメンタル。永井誠一郎が編曲を手がけた厳かなストリングスからはじまり、重厚にしてシリアスな世界を構築。大作映画の幕開けのような、予感に満ちた仕上がりだ。
07JUSTICE[FROM]GUILTY (album ver.)
46thシングルは、凛として時雨のピエール中野がドラムで参加したロック・ナンバー。中盤で唐突に転調、そこからまた元に戻るというトリッキーな展開が特徴的だ。映画の脚本のように風景を断片的に切り取った歌詞が、曲にストーリー性を与えている。
08傷だらけの太陽
凛として時雨のピエール中野がドラムで参加したロック・チューン。背中を押してくれるような力強い言葉が並び、思わず拳を突き上げてシンガロングしたくなる“WOW〜”のフレーズが印象的だ。中盤のギター・バトルもスリリング。
09運命論
凛として時雨のピエール中野がドラムで参加した47thシングル。“生きる”という壮大なテーマを軸にした詩的な趣きも感じさせるTAKUROの言葉を、JIROのおおらかなメロディで包み込んだミディアム・ナンバーだ。どこか不穏なアウトロが肝。
10SMILE
ゴミ箱を叩いてリズムを生み出すなど、路地裏でのセッションのようなナンバー。“放射性物質(じゅうこう)”“尖閣諸島(うみ)”など、ルビを用いた直接的な言葉が並ぶ。願いが込もった“せめてスマイル…”のリフレインが感動的。
仕様
スリーヴケース付き
アーティスト
  • GLAY
    北海道出身のロック・バンド。メンバーはTERU(vo)、JIRO(b)、TAKURO(g)、HISASHI(g)の4名。1988年に結成し、94年に「レイン」でメジャー・デビュー。96年の「グロリアス」でブレイク以降、21年連続でシングルを……
  • 同時発売作品
    GLAY / JUSTICE [CD+DVD]
    PCCN-00005   3,333円+税   2013/01/23 発売
    GLAY / JUSTICE [CD+DVD]をamazon.co.jpで購入するGLAY / JUSTICE [CD+DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するGLAY / JUSTICE [CD+DVD]をHMV.co.jpで購入するGLAY / JUSTICE [CD+DVD]を楽天ブックスで購入するGLAY / JUSTICE [CD+DVD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    2013年1月23日リリースの11thアルバムで12th『GUILTY』と同時発表作。初のセルフ・プロデュース作で「JUSTICE [FROM]GUILTY」「運命論」を含む全10曲を収録。GLAYの……
    GLAY / GUILTY [CD+DVD]
    PCCN-00007   3,333円+税   2013/01/23 発売
    GLAY / GUILTY [CD+DVD]をamazon.co.jpで購入するGLAY / GUILTY [CD+DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するGLAY / GUILTY [CD+DVD]をHMV.co.jpで購入するGLAY / GUILTY [CD+DVD]を楽天ブックスで購入するGLAY / GUILTY [CD+DVD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    2013年1月23日リリースの12thアルバム。夏開催の長居スタジアムのテーマ・ソング「Bible」や『G4・II -THE RED MOON-』収録の「everKrack」を含む全10曲を収録。プロ……
    GLAY / GUILTY
    PCCN-00008   2,381円+税   2013/01/23 発売
    GLAY / GUILTYをamazon.co.jpで購入するGLAY / GUILTYをTOWER RECORDS ONLINEで購入するGLAY / GUILTYをHMV.co.jpで購入するGLAY / GUILTYを楽天ブックスで購入するGLAY / GUILTYをTSUTAYAで購入する該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    2年3ヵ月ぶりのアルバムは2枚同時発売。初のセルフ・プロデュースとなる『JUSTICE』に対し、本作では佐久間正英を共同プロデューサーに迎えている。荘厳なオーケストラによるオープニングからポップでアグ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015