noon / Love Voyage

はてなブックマークに追加
noon / Love Voyage
CD
  • 原題:
    LOVE VOYAGE
  • ジャンル:
    ヴォーカル・ジャズ
  • レーベル:
    JVC
  • 規格品番:
    VICJ-61744
  • 価格:
    3,080 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    noon / Love VoyageをAmazon.co.jpで購入するnoon / Love Voyageを@TOWER.JPで購入するnoon / Love VoyageをHMV.co.jpで購入するnoon / Love Voyageを楽天ブックスで購入するnoon / Love VoyageをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
デビュー時からのオーガニックな雰囲気を基調としつつ、曲によっては原曲から飛躍する宮川 純のアレンジがシンガーとしての魅力を引き出す。典型はABBAの「ダンシング・クィーン」で、欧州的なピアノ・トリオの音に高音域の透明感が映え、美しい。躍動する「トリステーザ」の終盤ではフェイクも交えて弾ける。
ガイドコメント
癒しの歌声で人気のジャズ・シンガー、noonが世界各地の楽曲をジャズ・アレンジした音楽紀行アルバム。ビートルズ、アバの名曲や映画音楽などを歌い上げる。気鋭のピアニスト宮川純のアレンジ、岡崎好朗ら若手実力派ジャズ・プレイヤーのサポートも秀逸。
CDJ PUSH (インタビュー/特集/企画)
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    9位 (2015/11/23)
収録曲
01LA VIE EN ROSE
02DANCING QUEEN
03BLACKBIRD
04CHEEK TO CHEEK
05AMAPOLA
06ALL THE THINGS YOU ARE
07LOVE DANCE
08夢見るシャンソン人形
09CINEMA PARADISO
10TELL IT LIKE IT IS
11TRISTEZA
12AVE MARIA
演奏
noon(VO) 宮川純(P,OG) 萩原亮(G) 中林薫平(B) 福森康(DS) 岡崎好朗(TP) 西口明宏(TS) maiko(VN)
封入特典
  • 歌詞・対訳
アーティスト
  • noon
    韓国をルーツにもつ大阪生まれのシンガー。中学の時にハリー・コニックJr.を耳にしてジャズに魅了される。ライヴの経験はほとんどなかったが、プロデューサーのゴンザレス鈴木との偶然の出会いから、2003年に『ベター・ザン・エニシング』でデビューを……
  • 宮川純
    1987年10月24日生まれ、愛知県出身のジャズ・ミュージシャン/鍵盤奏者。幼少期より音楽好きな父親の影響でジャズ、フュージョン、ロックなどに親しみ、小学生の頃より作曲も開始。多くのコンクールで入賞を果たす。甲陽音楽学院名古屋校では、ジャズ……
  • 中林薫平
    1981年生まれのベーシスト。高校では甲南高校ブラスアンサンブル部に所属し、ウッドベースを始める。2003年の守口・門真ジャズコンテストでグランプリ&ベストプレイヤー賞を受賞。高校卒業後には日野皓正、吉田次郎、嶋本高之らと共演を果たす。20……
  • 西口明宏
    1980年生まれ、兵庫県出身のサックスプレイヤー/コンポーザー。甲南中学時代にビックバンド・ジャズに出会い、テナーサックスを手にする。18歳より小曽根啓に師事し、京阪神エリアで演奏活動を開始。2003年に渡米し、バークリー音楽学院にてジョー……
  • 岡崎好朗
  • 荻原亮
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015