松任谷由実 / ノイエ・ムジーク [2CD] [限定]

はてなブックマークに追加
松任谷由実 / ノイエ・ムジーク [2CD] [限定]
CD
限定
  • アーティスト:
  • 原題:
    NEUE MUSIK-YUMI MATSUTOYA COMPLETE BEST VOL.1-
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    エキスプレス
  • 規格品番:
    TOCT-24001A〜2A
  • 価格:
    3,619 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    松任谷由実 / ノイエ・ムジーク [2CD] [限定]をAmazon.co.jpで購入する松任谷由実 / ノイエ・ムジーク [2CD] [限定]をHMV.co.jpで購入する松任谷由実 / ノイエ・ムジーク [2CD] [限定]を楽天ブックスで購入する松任谷由実 / ノイエ・ムジーク [2CD] [限定]を@TOWER.JPで購入する
    松任谷由実 / ノイエ・ムジーク [2CD] [限定]を山野楽器で購入する松任谷由実 / ノイエ・ムジーク [2CD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
年末の恒例行事、年末のオバケ=ユーミンの新作が発表されない98年末に、リマスタリングで発売される初ベスト。新曲&「卒業写真」を新録音で収録した31曲入り2枚組。詞の中の、時代を象徴するアイテムも今や定番。改めてカリスマの風格を再確認。
デビュー25周年&松任谷由実20周年を迎えるユーミンの松任谷由実としては初めてとなるベスト。初回プレス限定で「卒業写真」の新録ヴァージョンを収録!! 当然全曲リマスタリングだ。
トラックリスト
[Disc 1]
01守ってあげたい
女性が男性を守るという“スーパーウーマン”ユーミンを象徴する曲として、ユーミン研究家の間では認知されているが、そんなことはどうでもよくなるほど感動的な国民的名曲でしょう! 何度聴いても落涙。
02恋人がサンタクロース
バブル全盛期に一大ブームを巻き起こしたホイチョイプロダクション制作(通称“ホイチョイムービー”)の映画『私をスキーに連れてって』の主題歌となり、リヴァイヴァル・ヒットとなったユーミンの代表曲。
03BLIZZARD
ウィンター・スポーツが大流行したバブル全盛期に“冬の女王”ユーミンが放ったゲレンデ・クラシックスの名曲。メロディが流れれば、否応なくファンタジックな冬山に誘われる必殺のナンバーだ。
04サーフ天国、スキー天国
リゾート・ミュージックの草分け的存在『サーフ・アンド・スノウ』に収録された、アルバム・イメージを象徴する一曲。1番がサーフィン、2番がスキーという、ひとつの曲の中で2シーズン楽しめる曲も、この曲くらいでは?
05ダイアモンドダストが消えぬまに
軽快な16ビートのポップ・チューン。恋人と2人で過ごした南半球でのクリスマスを、独り身になった冬に思い起こす切ない歌。カウンター・ラインの美しいサビや完成度の高い歌詞、多彩なアレンジなど、聴きどころ満載。
06きみなき世界
哀愁漂うレゲエ風ナンバー。大切な人を失った虚脱感を綴った歌で、ファルセットによる澄んだヴォーカルがその悲痛さを醸し出す。重厚なイントロや洗練されたメロディ、多彩なコーラス・ワークなど、聴きどころ満載。
07SWEET DREAMS
ユーミンらしい王道的お別れソング。電話と写真以外、具体的なシチュエーションが描かれてないのが特徴的で、ゆえに(切ない旋律も手伝って)多くの共感を得る。ホイチョイ映画『波の数だけ抱きしめて』劇中曲のひとつ。
08ノーサイド
涙を誘うような美しいエレピで始まるライト・バラード。ラグビーをテーマに、試合に負けて肩を落とす“あなた”を見守る女性の歌で、タイトル曲らしい高い完成度を誇る。“ノーサイド”とは試合終了を表す言葉。
09時をかける少女
映画の主題歌として原田知世に提供したヒット・ナンバーのセルフ・カヴァー。あまりに有名なサビ・メロディだが、今日聴いても遜色がないのはメロディが普遍的だからだろう。2つのヴァージョンを聴き比べるのも面白い。
10ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ
シンガーとしても高い評価を得ている原田知世がアイドルだった頃にユーミンが提供した曲で、ユーミン自身も名盤と名高い『VOYAGE』の中でセルフ・カヴァーしている。荒井由実テイストあふれる名バラード。
11Valentine's RADIO
アルバムの冒頭を飾る8ビートのシンセ・ロック。ラジオへのリクエストを通して、恋人に仲直りしようと伝える歌。洗練されたコード進行に乗るキャッチーなメロディと江口信夫の強力にグルーヴするドラムが聴きどころ。
12青春のリグレット
80年代らしいピアノのコード弾きで始まる、ストレートな8ビート・ロック。青春時代の恋人との別れを後悔する切ない歌。Bメロ前のクロマティックなコード・アレンジや軽快なサックス・ソロなどが聴きどころ。
13Hello、my friend
80年代の末期、シンセによるマシンビートの多用で歌世界も機械的になってしまったユーミンに、初期の作風を思わせる甘酸っぱい香りが戻り、ファンに大歓迎で迎えられた名曲。痛いくらいの切なさに号泣。
14DESTINEY
15埠頭を渡る風
ファンタジックなメロディの完成度はもちろん、松任谷正隆のアレンジ・センスもキラリと光るナンバーで、メロディに寄り添うオーケストラが何ともスリリング! 運転中はついついアクセルを踏み込んでしまう。
[Disc 2]
01リフレインが叫んでる
松任谷由実の歌詞の凄さが爆発した超有名曲。AメロとBメロを分解した曲構成の斬新さ、そしてその構成が、歌詞の物語をよりドラマティックに響かせることに成功している。熟練の職人芸が光輝く名曲だ。
02最後の嘘
03真珠のピアス
ファンキーなリズムが心地良い失恋ソング。女と引っ越しする際に気付くようにわざと“あなた”のベッドの下にピアスを落とす物語。激しいギター・ソロは嫉妬心を、華麗なストリングスは最後の夜を象徴しているかのよう。
04DANG DANG
切なさや淋しさといった心の傷に立ち向かう姿が特徴的な失恋ソング。1番のドスの効いた“D-DANGと〜”やブリッジ部分からサビへ戻るドラマティックな展開など、聴きどころ満載。ライヴ人気の高い1曲。
05青いエアメイル
オーソドックスなラブ・バラード。外国へ行った恋人からの手紙をモチーフに、切ない想いと“あなた”への愛をストレートに綴る。“傘をほほでおさえる”など、小説かドラマのようなユーミンらしいシーン描写が魅力。
06VOYAGER〜日付のない墓標
07春よ、来い
ユーミンが松任谷姓になった最初のアルバム『紅雀』(1978年)から追求を続けてきた和的情緒が、ひとつの頂点に達した記念碑的名曲。昔からすでに存在していたかのようなスタンダード感あふれるメロディが感動的。
08ANNIVERSARY
ユーミンが時代のカリスマに君臨した80年代の最後を飾った名盤『LOVE WARS』のラストに収録されたバラード。まさにアニヴァーサリー・イヤーを締めくくるにふさわしい、堂々たる完成度だ。
09輪舞曲 (ロンド)
10DOWNTOWN BOY
ファンだけでなく一般的にも人気の高いナンバー。ビリー・ジョエルに対抗したようなタイトルだが内容も対称的で、ハイソな家柄のお嬢さんがかつて恋仲にあった不良風少年を思い出すというもの。ストーリー性豊かな好楽曲。
11シンデレラ・エクスプレス
「悲しいほどお天気」を彷彿とするような、必殺のAメロ・フレーズがとにかく最高。随所にファンキーな“キメ”を用意しつつ、それでいて穏やかな印象を崩さないナイス・メロウな節回しが彼女らしい。
12カンナ8号線
朗々たるエレキ・ギターのイントロが有名なミディアム・ナンバー。普通なら見落としてしまう、道路の中央分離帯に咲くカンナの花が素材になっている点もユーミンらしい。コンサートでは定番の曲。
13真夏の夜の夢
ユーミンのシングル盤では最高のセールスを記録したナンバー。本格的なラテンのリズムを導入したアレンジもインパクト抜群で、ユーミン・ナンバーの中でもひときわ異彩を放つ情熱系ラヴ・ソング。
14groove in retro
15愛は...I can't wait for you、anymore
16卒業写真 (スペシャル・トラック)
タイアップ
  • 「春よ、来い」 - サントリー「BOSS」TV-CMソング
  • 「春よ、来い」 - 読売新聞「メガ文字キャンペーン」TV-CMソング
  • 「恋人がサンタクロース」 - 任天堂「ファミリースキー」TV-CMソング
  • 松任谷由実
    1954年1月19日生まれ、東京都八王子市出身のシンガー・ソングライター。愛称は“ユーミン”。72年に荒井由実名義のシングル「返事はいらない」でデビュー。76年に松任谷正隆と結婚し、松任谷由実名義へ。「ひこうき雲」「やさしさに包まれたなら」……
  • 松任谷由実 / Neue Musik [2CD] [再発]
    TOCT-24001〜2   3,619円+税   1998/11/06 発売
    松任谷由実 / Neue Musik [2CD] [再発]をamazon.co.jpで購入する松任谷由実 / Neue Musik [2CD] [再発]をHMV.co.jpで購入する松任谷由実 / Neue Musik [2CD] [再発]を楽天ブックスで購入する松任谷由実 / Neue Musik [2CD] [再発]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する松任谷由実 / Neue Musik [2CD] [再発]を山野楽器で購入する松任谷由実 / Neue Musik [2CD] [再発]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    毎年恒例となっていた新作の年末リリースがなかった98年末、その代わりに発表されたのがこのベスト盤。ティン・パン・アレーとの共作曲を含む、聴きどころ満載の2枚組。ユーミンのエネルギーが再確認できる。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015