TERIYAKI BOYZ(R) / SERIOUS JAPANESE

はてなブックマークに追加
TERIYAKI BOYZ(R) / SERIOUS JAPANESE
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SERIOUS JAPANESE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    (B)APE SOUNDS / ユニバーサル
  • 規格品番:
    UMCK-1290
  • 価格:
    3,142 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    TERIYAKI BOYZ(R) / SERIOUS JAPANESEをAmazon.co.jpで購入するTERIYAKI BOYZ(R) / SERIOUS JAPANESEを@TOWER.JPで購入するTERIYAKI BOYZ(R) / SERIOUS JAPANESEをHMV.co.jpで購入するTERIYAKI BOYZ(R) / SERIOUS JAPANESEを楽天ブックスで購入するTERIYAKI BOYZ(R) / SERIOUS JAPANESEをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
3年ぶりのセカンド・アルバムは、ネプチューンズやカニエ・ウエストら“セレブなお友達”に加え、コーネリアスら日本の俊英を迎えて華やかに。米国勢との温度差を一切感じさせないところが、海外でのNIGO人気の御利益か。コーネリアスが手掛けたジャパネスクな「5th ELEMENTS」が楽しい。★
ガイドコメント
ヒップホップ・ユニット、TERIYAKI BOYZの約3年2ヵ月ぶりとなる2ndアルバム。ネプチューンズ、カニエ・ウェスト、ビースティ・ボーイズのアドロック、コーネリアスら豪華なプロデューサーを迎えた意欲作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2009/1/26)  ⇒  14位 (2/2)  ⇒  35位 (2/9)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    7位 (2009/1/26)  ⇒  15位 (2/2)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2009/1/26)  ⇒  10位 (2/2)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    6位 (2009/1/26)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2009/1/26)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2009/1/26)  ⇒  6位 (2/2)  ⇒  13位 (2/9)
収録曲
01PLEASE COME INTRO!
2ndアルバムの冒頭を飾る、アドロック(ビースティー・ボーイズ)制作のイントロ。日英二カ国語の多重放送による報道番組風にキャスターが淡々とニュースを読むなかで、アドロックがメンバーの名前などを叫ぶ。最後の“ヘイ!オマチー”から本編の幕が開く。
02WORK THAT (FEAT.PHARRELL&CHRIS BROWN)
ファレルとクリス・ブラウンを迎えたネプチューンズ制作のアップ。ダウナーでうねるビートの上をファレルがクールというより無機質にフロウするフックが特色。ヴァースではメンバーがマイクリレーしていくが、コーラス以外クリス・ブラウンは控えめだ。
03AFTER 5 (A.M.) (FEAT.MADEMOISELLE YULIA)
テイ・トウワ制作のエレクトロ・ハウス風チューン。言葉を区切って発する譜割が印象的なヴァースとマドモアゼル・ユリアによるチープなコーラスとの組み合わせが斬新。午前5時を迎えても遊び足りない、グダグダでも楽しい週末について歌っている。
04TOKYO DRIFT (FAST&FURIOUS)
ネプチューンズ制作による『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』主題歌となったアップ。オリエンタルな雰囲気のトラックをバックにした、EMYのキンとした甲高い声のコーラスとそれに呼応する“キター!”というフレーズは、中毒性がタップリ。
05SWEET GIRL (FEAT.DONDRIA)
コモドアーズ「スウィート・ラヴ」を配したジャーメイン・デュプリ制作による清々しいR&Bチューン。ビヨンセにも似たドンドリアのフックの後で、メンバーがそれぞれに“何も言わずに振り向いて”と目当ての女性に気持ちを伝えるアプローチ・ソングだ。
06TERIYA-KING (FEAT.KANYE WEST&BIG SEAN)
ブラック・メルダ「Cynthy-Ruth」の“ウォーウォウ”という雄叫びを借りて、制作のカニエ・ウェストが“テリヤキーングス、キーングス”と連呼するフックが印象的。各々が自己誇示のパートを繰り広げたのち、最後にビッグ・ショーンが締める展開だ。
075th ELEMENTS (FEAT.CORNELIUS)
茶を注ぐ音や風鈴、鹿おどし、祭ばやしなど和風な効果音をふんだんに用いた、コーネリアス制作の日本賛歌。わびさびや和の精神、調和や折衷など日本人が得意とする長所を列挙していく。タイトルよろしくフックの最後にはブルース・ウィリスも登場。
08SERIOUS JAPANESE
細かい作業や折衷など日本人の長所をマイクリレーしていく日本人賛歌。「5th ELEMENTS」とテーマは同一だが、こちらは陽気さを抑えた“シリアス”なモードで展開していく。太いホーンなどを配したマーク・ロンソン制作曲。
09ZOCK ON! (FEAT.PHARRELL&BUSTA RHYMES)
ファレル&バスタ・ライムズを迎えたネプチューンズ制作のシングル。落下していくような変態的なアレンジとファットなクラブ仕様トラックをバックに、メンバーが“ヤバめな”彼女にアプローチするさまを描く。クールさではバスタ・ライムズに軍配か。
10 (CAN'T)”BAKE”THAT”FAPE” (FEAT.TAKAGIKAN&ADROCK)
“FAKE THAT BAPE”のいい間違いをそのままタイトルにしたアドロック(ビースティー・ボーイズ)制作のトラック。ヒップホップの進化とメンバー紹介を高木完のラジオDJ風の先導で展開。最初にアドロック、最後には高木完のフロウも登場。
11いつも IT'S MORE
夏の夕暮れを想起させるようなマイク・オールドフィールド「イントゥ・ワンダーランド」を使ったミッド。いつも君のことだけを想っていると、4人のMCがそれぞれのスタイルで綴っていく。タイトルはもちろん“いつも”と“IT'S MORE”をかけたもの。
12I STILL LOVE H.E.R. (ALBUM MIX) (FEAT.KANYE WEST)
MFSB「ダンス・ウィズ・ミー・トゥナイト」を敷いたカニエ・ウェスト制作&参加のシングルのアルバム版。ソウル曲のループ使いというカニエ得意の手法に乗せ、忘れられない恋の想い出を巡らせる。H.E.R.は“ホント・E・RAP”とのWミーニング。
13GET THE HELL OUTRO
2ndアルバム本編最後となるアドロック(ビースティー・ボーイズ)制作のアウトロ。構成はアルバム冒頭曲「PLEASE COME〜」と同様だが、こちらは1分弱のショート・トラック。“マジで”“ガチで”“スゲー”と叫喚するアドロックがインパクト大。
14TOKYO DRIFT (FAST&FURIOUS) (REMIX) (FEAT.PUSHA T&FAM-LAY)
ネプチューンズ制作のドープなクラブ・アップをPUSHA T&FAM-LAYを迎えてリミックス。原曲の“キター”以下の印象的なフックを“I Like, You Like, She Like, SUKI”と替え、よりクールなトラックにしている。
タイアップ
  • 「TOKYO DRIFT (FAST & FURIOUS)」 - ユニバーサル・ピクチャーズ「ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT」主題歌
  • 「ZOCK ON!(feat.Pharrell&Busta Rhymes)」 - MLJ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
アーティスト
  • TERIYAKI BOYZ
    RIP SLYMEのILMARIとRYO-Z、m-floのVERBAL、WISEのMC4人と、人気ファッション・ブランドA BATHING APE○Rの主宰者でありDJ/プロデューサーのNIGO○Rによるヒップホップ・ユニット。2005年に……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015