Koichi Domoto / Spiral

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SPIRAL
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ジャニーズ・エンタテイメント
  • 規格品番:
    JECN-0414
  • 価格:
    3,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Koichi Domoto / SpiralをAmazon.co.jpで購入するKoichi Domoto / Spiralを@TOWER.JPで購入するKoichi Domoto / SpiralをHMV.co.jpで購入するKoichi Domoto / Spiralを楽天ブックスで購入するKoichi Domoto / SpiralをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
3年ぶりのソロ4作目は、初めて自作曲を入れずにシンガーに徹した挑戦作。曲調は非常に幅広く、クールなEDMからギターがうなるダンス/ロック・チューン、ファンキーなナンバーにゴージャスな弦楽器を背負ったバラードまで華やかな仕上がりだ。年を重ねても声の透明度が変わらないのがすごい。
ガイドコメント
2015年7月8日リリースの4thアルバム。ダンス・ミュージックを軸に、甘くメロウなバラードからハードなナンバーまで、多彩なジャンルを織り交ぜた、より深みを増した作品に仕上がっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2015/7/6)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2015/7/6)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    9位 (2015/7/6)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2015/7/6)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2015/7/6)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2015/7/6)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2015/7/6)  ⇒  15位 (7/13)
収録曲
01Fame
雷鳴や鐘の音といったホラー・ミュージカルのような重厚感あるSEで幕を開ける。重心の低いエレクトロ・サウンドで突き進むアップ・チューンで、ほとんどすべてが英詞。難易度の高い譜割りもなんなくこなすあたりはさすがだ。
02MUSE
ハード・テクノ風のアグレッシヴなサウンドでグイグイと押すダンス・チューン。攻めのアレンジに乗せて“MUSE”との熱い夜を描いており、ロングトーンを多用した滑らかなメロディが映える。色っぽい光一のヴォーカルも印象的だ。
03Just A Woman
エフェクトを施したギターの音色で幕を開けるエレクトロ・ロック・ナンバー。歌詞の主人公は女性で、“有り余る不安と ひとつの愛で 私はできてるの”と歌いきる姿に違和感は皆無。もうひとつの旋律といってもいいほど前に出ているコーラスも印象的だ。
04Bongo Drum
ヒップホップ的なアプローチが新鮮なナンバー。リズム以外の音数は必要最低限。ギリギリまでそぎ落としたアレンジで、“Bongo Drum”のように鼓動が脈打つ熱くセクシーな夜を歌い上げる。実際にボンゴの音色を取り入れているのもユニーク。
05Boogie Night
ジャズ・ロック風の大人っぽくスタイリッシュなアレンジが印象的なポップ・チューン。“理性じゃ開かない扉”を開けて本能のまま踊り明かそうと妖しく誘う物語で、ファルセットを多用したセクシーなヴォーカルにシビれる。
06STELLAR NIGHT〜星のバルコニー
ピアノやオーケストラを配し、ミュージカルのワンシーンのような壮大でロマンティックなサウンドを奏でるバラード。愛するあなたへの想いをまっすぐに綴っており、“あなただけを愛するためにボクは生まれた”と言いきる姿はさすが王子様といったところ。
07I Just Want You
ギターのカッティングにシャッフル・ビート、転がるピアノにテナー・サックスなど、ソウルやジャズといったテイストをちりばめたミディアム・チューン。大人っぽいサウンドに乗せ、ロマンティックなフレーズをサラっと歌いこなしている。
08Knocked me down
音数を徹底的に削ったR&Bテイストのミディアム・チューン。自身も参加したコーラスを多用しながら、掛け合いのように美しいハイトーン・ヴォイスを聴かせるが、中盤でカットインしてくる低い声でのラップ・パートにドキっとさせられる。
09The mAsque
複雑なシークエンスを軸に、不穏にも感じさせるエレクトロ・サウンドを響かせるアップ・チューン。ヴォーカルにも多くのパートでエフェクトをかけており、さらに焦燥感を煽る。タイトルはマスクとマスカレードをかけたものか。
10DEAD END
雷鳴、雨、足音から闇を切り裂くような笑い声。不穏なタイトルにふさわしい物々しいSEで幕を開けるミディアム・アップのダンス・チューン。女性を狙う“邪悪な獣”を歌ったものだが、ミュージカルの一間に感じさせるのは彼の素養ゆえか。
11Night Wanderer
不安と不満が覆い尽くすなら、君を導く光になろう……大切な人を守り未来へと進む決意を歌い上げる。行間に潜む不穏な未来の気配を、ダークなメロディと攻撃力の高いエレクトロ・サウンドが増幅。闇を振り切るようなヴォーカルが力強い。
12Over You
アコースティック・ギターのアルペジオとパーカションを中心に、ハートウォームなサウンドを作り上げたバラード。君のいなくなってしまった部屋でなおも帰りを待ち続ける男の切ないラヴ・ソングで、ファルセットを多用したサビが胸に刺さる。
13Love Professor
好きなのは僕じゃなく、頼りなく壊れそうな愛だけだろう……。“愛の教授”というタイトルにふさわしく、愛の本質を突くような歌詞にドキッとさせられる。セクシーなヴォーカルと歪ませたサウンドが互いに巧みに作用したアップ・チューンだ。
14SHOCK!
光一が長く続けるショーと同じタイトルを冠したナンバー。シリアスなエレクトロ・サウンドに乗せて“広い世界に衝撃を与えに行こう”と歌う姿は、自らの決意を歌っているかのよう。スキャットやエモーショナルな咆哮を響かせる自身によるコーラスも印象的だ。
15SHOW ME UR MONSETR
映像シングルとして発表されたダンサブルでスリリングなアップ・チューン。無垢なフリをして近づいてくる君に向かって、“君のモンスターを見せて”とセクシーかつ意地悪に語りかける姿は、“ハマり役”といってもいいほどの魅力に満ちている。
16INTERACTIONAL
2015年6月に映像シングルとして発表、ギターのカッティングやブラスを配したソウル/ファンクっぽいスタイリッシュなテイストが新鮮なミディアム・ダンス・ナンバー。コーラスと絡む難度の高いハイトーンのメロディがたまらない。
(14)(15)(16)ボーナストラック
アーティスト
  • 1979年1月1日、兵庫県芦屋市生まれ。ジャニーズ事務所所属のアイドル、KinKi Kidsのメンバー。91年にジャニーズ事務所に入り、翌92年、堂本剛とともにユニットを結成。93年からは二人でKinKi Kidsを名乗り、全国的な人気を誇……
  • 同時発売作品
    JECN-0412〜3   3,900円+税   2015/07/08 発売
    Koichi Domoto / Spiral [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するKoichi Domoto / Spiral [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するKoichi Domoto / Spiral [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するKoichi Domoto / Spiral [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するKoichi Domoto / Spiral [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
    2015年7月8日リリースの4thアルバム。ダンス・ミュージックを軸に、甘くメロウなバラードからハードなナンバーまで、多彩なジャンルを織り交ぜた、より深みを増した作品に仕上がっている。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015