ワン・ダイレクション / テイク・ミー・ホーム

はてなブックマークに追加
ワン・ダイレクション / テイク・ミー・ホーム
CD
ミニ・レビュー
2011年に本国でブレイクし、UK出身グループ史上初のデビュー・アルバム全米チャート初登場1位をなし遂げた5人組ボーイズ・グループによる第2作。若さ弾けるグルーヴ感に、安定感のあるヴォーカルが際立つ。曲作りや演奏にも積極的に参加し、未知の可能性を感じさせる仕上がりといえる。
ガイドコメント
デビュー作で全米初登場1位の快挙を成し遂げた平均18歳のUK5人組、“1D”ことワン・ダイレクションの2ndアルバム。第1弾シングル「リヴ・ホワイル・ウィアー・ヤング」など、1Dポップの完成形といえるセンセーショナルなポップ作となっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    8位 (2012/11/12)  ⇒  8位 (11/19)  ⇒  19位 (11/26)  ⇒  38位 (12/3)  ⇒  19位 (12/10)  ⇒  18位 (12/17)  ⇒  18位 (12/24)  ⇒  10位 (12/31)  ⇒  15位 (2013/1/7)  ⇒  7位 (1/14)  ⇒  3位 (1/21)  ⇒  8位 (1/28)  ⇒  15位 (2/4)  ⇒  14位 (2/11)  ⇒  15位 (2/18)  ⇒  20位 (2/25)  ⇒  34位 (3/4)  ⇒  37位 (4/1)  ⇒  27位 (5/20)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2012/11/12)  ⇒  19位 (11/19)  ⇒  16位 (12/31)  ⇒  14位 (2013/1/7)  ⇒  4位 (1/14)  ⇒  4位 (1/21)  ⇒  11位 (1/28)  ⇒  16位 (2/4)  ⇒  12位 (2/11)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2012/11/12)  ⇒  10位 (2013/1/14)  ⇒  4位 (1/28)  ⇒  9位 (2/4)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2012/11/12)  ⇒  9位 (11/19)  ⇒  9位 (2013/1/7)  ⇒  5位 (1/14)  ⇒  1位 (1/21)  ⇒  2位 (1/28)  ⇒  9位 (2/4)  ⇒  7位 (2/11)  ⇒  5位 (2/18)  ⇒  8位 (2/25)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    8位 (2012/11/12)  ⇒  4位 (2013/1/14)  ⇒  4位 (1/21)  ⇒  5位 (1/28)  ⇒  10位 (2/4)  ⇒  9位 (2/18)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2012/11/12)  ⇒  5位 (11/19)  ⇒  4位 (2013/1/14)  ⇒  1位 (1/21)  ⇒  1位 (1/28)  ⇒  1位 (2/4)  ⇒  2位 (2/11)  ⇒  3位 (2/18)  ⇒  5位 (2/25)  ⇒  5位 (3/4)  ⇒  5位 (3/11)  ⇒  9位 (3/18)  ⇒  8位 (3/25)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2012/11/12)  ⇒  2位 (11/19)  ⇒  5位 (11/26)  ⇒  6位 (12/3)  ⇒  2位 (12/10)  ⇒  4位 (12/17)  ⇒  5位 (12/24)  ⇒  4位 (12/31)  ⇒  9位 (2013/1/7)  ⇒  1位 (1/14)  ⇒  1位 (1/21)  ⇒  2位 (1/28)  ⇒  2位 (2/4)  ⇒  5位 (2/11)  ⇒  4位 (2/18)  ⇒  5位 (2/25)  ⇒  6位 (3/4)  ⇒  12位 (3/11)  ⇒  12位 (4/1)  ⇒  15位 (4/29)  ⇒  11位 (5/20)
収録曲
01LIVE WHILE WE'RE YOUNG
2ndアルバム『テイク・ミー・ホーム』からの1stシングルで、制作はラミ・ヤコブ&カール・フォーク。人生を思い切り楽しもう! と歌う若者ならではのポップ・ロックだ。“クレイジー、クレイジー、クレイジー”のフックがとてもキャッチー。
02KISS YOU
シェルバックがライティングに参加した、ラミ・ヤコブ&カール・フォーク制作による若々しいポップ・ロック。どこを切っても見事なまでに快活で晴れ晴れとした展開のなかで、サラっと“キスさせてよ”と言ってのけるあたりがニクい。
03LITTLE THINGS
アコースティック・ギターを基調にした穏やかなラヴ・バラード。エド・シーランの色が濃く出たジェイク・ゴスリングのプロデュース曲で、君がコンプレックスに思う部分もすべて好きなんだよと告げる。心優しいヴォーカルが肌身に沁みるよう。
04C'MON, C'MON
レオナ・ルイス作品などを手掛けるジュリアン・ブネッタがお膳立てした、リズミカルなビートで刻むアッパー・ポップ。パーティで見つけた君に“さあ、一緒に踊ろう”と誘うナンパ・ソングだが、彼らが歌うと実にフレッシュで甘酸っぱい。
05LAST FIRST KISS
ライティングにメンバーのリアム、ルイ、ゼインが参加し、ラミ・ヤコブ&カール・フォークが制作。最後のファースト・キス=君の最後の恋の相手になりたいんだと告げるラヴ・ソングで、大らかだが力強さも感じるミディアムとなっている。
06HEART ATTACK
マルーン5「ムーヴス・ライク・ジャガー」ほか人気作を提供するシェルバックが、ラミ・ヤコブ&カール・フォークら盟友へ加わり制作。なるほどマルーン5を思わせるラインがツボなグルーヴィ・ポップだ。君への未練タラタラな気持ちをジェラシーたっぷりに歌う。
07ROCK ME
クイーン「ウィー・ウィル・ロック・ユー」風のスタジアム・ロックを意識したパートを導入。悩ましげなメロディ・ラインに乗せ、君に別れを告げた自分を憂う。力強いが無情も感じるヴォーカルが印象的な、ドクター・ルーク制作によるミディアム・ロックだ。
08CHANGE MY MIND
ただの友達、それともそれ以上?……微妙な距離を縮めたい男の気持ちを吐露したラヴ・ソング。端麗な旋律に添うような、表情豊かなヴォーカルが美味だ。安らぎと包容を兼ね備えた楽曲は、ラミ・ヤコブ&カール・フォークが仕上げた。
09I WOULD
27のタトゥーにクルマ通学の彼がいる君に恋した、男の悲しい片想いを描く。僕だったらきっと君に喜びもキスも与えてあげられるのに……そんな妄想をあざ笑うような痛快なポップ・ロックというギャップも楽しい。マクフライのトム・フレッチャーが参加。
10OVER AGAIN
ジェイク・ゴスリングによるもの憂げなメロディ・ラインがやるせなさを響かせる。一人でいたいと強がってばかりの君に、“もう一度やり直そう”と語りかけるミディアム・チューンだ。心の機微を映し出した彼らのヴォーカルにも注目したい。
11BACK FOR YOU
君の元に帰るから心配しないで……。その詞世界には、ツアーで転々とする彼らの本音を代弁したかのようなリアリティが漂う。繰り返す“バック・フォー・ユー”のキャッチーなフックがクセになる、親近感あふれる明るいポップ・ロックだ。
12THEY DON'T KNOW ABOUT US
ヴォーカル・グループが歌いそうなコンテンポラリーR&B調のミディアム・バラードだが、個々の歌唱力が高い彼らにはぴったりフィット。ジュリアン・ブネッタによる切ない美メロ・トラックに乗せ、僕らの愛の深さを誰もわかっちゃいないんだと嘆く。
13SUMMER LOVE
スティーヴ・ロブソン制作のもと、メンバーもライティングに参加。夏の終わりから秋の訪れを感じる甘くもほろ苦い後味が残るサウンドを背景に、ひと夏の恋のストーリーを綴る。ギターの爪弾きが哀愁を帯びたミディアム・ポップ・チューンだ。
14TRULY, MADLY, DEEPLY
君が隣にいる幸せを感じて、本当に心の底から君に恋したんだ! と興奮を抑えきれずに語る。アコギの爪弾きを軸にしたほのぼのとした温もりが伝わる曲調ゆえ、ヴォーカルが強調されダイレクトに心情が届く。制作はトビー・ギャッド。
15MAGIC
軽快な“ダダッタ、ダダッタ〜”のフレーズやクラップなど、ジョイフルな雰囲気で展開するポップ・チューン。フレッシュな歌唱で、君が恋の魔法をかけたんだとゾッコンな様子を歌う。制作はおなじみラミ・ヤコブ&カール・フォーク。
16IRRESISTIBLE
トム・フレッチャーはじめ、マクフライの面々が制作参加したギター・ポップ。チラチラとカントリー風の音も感じさせる感傷的なサウンドのなかで、別れを言う君を前になにもできない男の気持ちを綴る。わびしくはかないギターがジワジワと胸を締めつけるようだ。
(14)(15)(16)ボーナストラック
タイアップ
  • 「リヴ・ホワイル・ウィアー・ヤング」 - フジテレビ「めざましどようび」テーマソング
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳/12Pブックレット/メンバー5人のアナザージャケットカード全5種(初回のみ)
アーティスト
  • ワン・ダイレクション
    英/アイルランド出身のボーイズ・グループ。オーディション番組『Xファクター』へ出演したメンバーで結成。2010年の始動以降、番組を通じて人気が爆発。2011年の『アップ・オール・ナイト』は英出身のグループのデビュー・アルバムとしては初めて全……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015