くるり / ワルツを踊れ

はてなブックマークに追加
くるり / ワルツを踊れ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    TANZ WALZER
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    スピードスター
  • 規格品番:
    VICL-62510
  • 価格:
    3,190 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    くるり / ワルツを踊れをAmazon.co.jpで購入するくるり / ワルツを踊れを@TOWER.JPで購入するくるり / ワルツを踊れをHMV.co.jpで購入するくるり / ワルツを踊れを楽天ブックスで購入するくるり / ワルツを踊れをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
音楽の都オーストリアはウィーンでレコーディングされた、くるりの2007年6月発表のアルバム。ウィーン交響楽団とのセッションを実現させ、クラシックとロックの融合に成功している。
収録曲
01ハイリゲンシュタッド
佐藤征史の作曲、岸田繁のアレンジによるオーヴァーチュア。チェロの低音が静かにすべり出すと、そこはストリングスとホーンが繰り広げるクラシカルな別世界。くるりの新楽章『ワルツを踊れ』が、ここから始まる。タイトルは、ベートーヴェンゆかりの地名から。
02ブレーメン
切ないメロディとピアノの3連打バッキングが絶妙にマッチした佳曲。アウトロで一気に加速するギターとホーンの駆け引きは、ザ・フーのロック・オペラを連想させる。岸田繁がチェコのプラハで書き上げたという美しい歌詞も秀逸だ。
03ジュビリー
04ミリオン・バブルズ・イン・マイ・マインド
ふわふわ漂うファルセット・ヴォイスとうねるベース・ラインが印象的なナンバー。ギター、ベース、ドラムのシンプルな楽器構成に、幾層にも重ねられたヴォーカルとフェイジング効果でマジカルなロックに。70年代の空気感も心地よい。
05アナーキー・イン・ザ・ムジーク
ジャパニーズ・ロック界のアナーキスト・くるりが叩き出す、ロウファイなラップ・ソング。“全然 間違いで結構”と気だるいヴォーカルが毒を吐く。暴走ギターと狂気のストリングスが丁々発止に渡り合う、アウトロでの音楽バトルは聴き応え十分。
06レンヴェーグ・ワルツ
アコギの弾き語りによるアコースティックなワルツ。夜風のような美しいメロディと岸田の淡々としたヴォーカルが涙を誘う。タイトルにあるレンヴェーグとは、レコーディング中に滞在していたウィーンの地名。
07恋人の時計
ハト時計を模したSEとどことなく80年代風のイントロで始まる、可愛らしいポップ・ロック・チューン。時計を見て、笑ったり、泣いたり、イライラしたり、恋人たちは忙しい。柔らかくも重厚なストリングスが情景を盛り上げる。
08ハム食べたい
ギター、ベース、ドラムのシンプルな3ピースで奏でるミッド・チューン。目の前にあるのに、なかなか食べられない“桃色のハム”を歌ったユーモラスなラヴ・ソングだ。くるりが直球のロック・バンドであることを肌で感じられる一曲。
09スラヴ
全編にストリングスをフィーチャーし、ヨーデルからアイリッシュ・トラッドまで巻き込んだ究極のミクスチャー・ソング。曲調、テンポともに目まぐるしい展開は、チャイコフスキーの「スラヴ行進曲」を連想させる。哀愁を帯びたバンジョーの音色にほろり。
10コンチネンタル
荒削りのギターがわき目も振らず駆け抜ける、ストレートなロック・チューン。ジャキジャキした変拍子の前半と、幻想的な多重ヴォーカルの後半の2部構成になっている。微かに後ろで鳴っているSEは、頭の中のカオスが流れて出るがごとし。
11スロウダンス
カントリー風の曲調が切ないミッド・テンポのラヴ・ソング。ねじれた恋心が綴られた歌詞には、寒い冬の夜の匂いがする。星空が目に浮かぶようなシンセや、テルミンをフィドルのように使うなど、音飾の味つけにも凝ったナンバー。
12ハヴェルカ- CAFノ HAWELKA -
昭和歌謡の香り漂うトランペットがノスタルジックなナンバー。切ない主旋律とコミカルなホーンの音色、ボヘミアン風のアレンジが絡み合って、独特の雰囲気を醸している。タイトルは、ウィーンに実在する老舗のカフェの名前。
13言葉はさんかく こころは四角
言葉は三角、心は四角、涙はまあるい。アコースティック・ギターに乗せて歌う、淡く幼い恋の終わり。“いつかきっと君も恋に落ちるだろう”という噛み締めるようなフレーズが、ほろ苦く切ない。2007年7月発表の映画『天然コケッコー』主題歌。
タイアップ
  • 「JUBILEE」 - MLJ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
  • 「JUBILEE」 - 大鵬薬品「チオビタドリンク」TV-CMソング
  • 「言葉はさんかくこころは四角」 - アスミック・エース「天然コケッコー」主題歌
封入特典
  • ライナーノーツ・歌詞
アーティスト
  • くるり
    日本のロック・バンド。1996年9月頃、立命館大学の音楽サークル“ロック・コミューン”所属の岸田繁(vo,g)、佐藤征史(b)らによって結成。98年のシングル「東京」でメジャー・デビュー。激しさと切なさとが相まったエモーショナルな楽曲で高い……
  • 同時発売作品
    くるり / ワルツを踊れ [限定]
    VICL-62410   3,190円(税込)   2007/06/27 発売
    くるり / ワルツを踊れ [限定]をamazon.co.jpで購入するくるり / ワルツを踊れ [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するくるり / ワルツを踊れ [限定]をHMV.co.jpで購入するくるり / ワルツを踊れ [限定]を楽天ブックスで購入するくるり / ワルツを踊れ [限定]をTSUTAYAで購入する
    日本のロック・バンドとして初のウィーン録音を敢行し、ウィーン交響楽団とのコラボレーションで作り上げた大作。メロディの美しさは過去最高、“喜び”をテーマとしたメッセージも深く心に響く、超然としていながら……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作
[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝![インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作
[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015