安藤裕子 / THE BEST '03〜'09 [2CD]

はてなブックマークに追加
安藤裕子 / THE BEST '03〜'09 [2CD]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE BEST '03 - '09
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    カッティング・エッジ
  • 規格品番:
    CTCR-14628〜9
  • 価格:
    3,238 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    安藤裕子 / THE BEST 安藤裕子 / THE BEST 安藤裕子 / THE BEST 安藤裕子 / THE BEST 安藤裕子 / THE BEST
ミニ・レビュー
安藤裕子の2枚組ベスト。以前、仕事場のFMで偶然耳にして衝撃を受けた曲は、デビュー・シングル「水色の調べ」だということが判明。清冽でエロティックで奔放な安藤ワールドを聴くにつけ、俺は矢野顕子を感じてしまうのだが、デビュー時にカヴァーしてました。★
ガイドコメント
安藤裕子の初となるベスト・アルバム。初期の名曲「サリー」からCMソングとして話題を呼んだ「のうぜんかつら(リプライズ)」、新曲「はじまりの唄」までをコンパイル。洗練されたサウンドの中に、約6年間の成長を感じることができる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2009/4/13)  ⇒  9位 (4/20)  ⇒  26位 (4/27)  ⇒  35位 (5/4)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2009/4/13)  ⇒  4位 (4/20)  ⇒  14位 (4/27)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2009/4/13)  ⇒  7位 (4/20)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2009/4/13)  ⇒  5位 (4/20)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2009/4/13)  ⇒  4位 (4/20)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2009/4/13)  ⇒  5位 (4/20)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2009/4/13)  ⇒  6位 (4/20)  ⇒  10位 (4/27)  ⇒  12位 (5/4)
収録曲
[Disc 1]
01のうぜんかつら (リプライズ)
月桂冠「定番酒 つき」CMソングとなったスロー・ナンバー。静かでどこか涼しげなピアノと優しく柔らかい安藤の歌声が、気持ちを落ち着かせてくれる。ノスタルジックではあるが温かくも聴こえる詞が心に響く。
02パラレル
ドラムとベースのリズムによって躍動感あふれるミディアム・ナンバーに仕上がった8thシングル。ピアノも力強く跳ねるように動き、駆け抜けるストリングスがスピード感を与えている。想いを直球に伝えている歌詞が気持ちよい。
03サリー
彼女のデビュー曲で、TBS系にて放送された台湾ドラマ『流星花園〜花より男子〜』のエンディングに使用された曲。英詞で始まり軽やかなメロディに乗るクラップと柔らかく跳ねる声が心地よい。どこか切ないギターとともにふと寂しげな歌い方になるのが印象的。
04ドラマチックレコード
2ndミニアルバム『and do, record.』のオープニングに収録されているナンバー。柔らかい歌声と穏やかなサウンドが優しい気持ちにさせてくれる。自分だけの“スーパースター”である“君”を励ます詞が温かく感じられる。
05忘れものの森
関西テレビ・フジテレビ系アニメ『Gilgamesh-ギルガメッシュ』エンディング・テーマとなったミディアム・スロー・バラード。静かに流れるノスタルジックなピアノのメロディと一言ずつを大事に紡ぐ安藤のヴォーカルが感慨深い。
06あなたと私にできる事
メロウなサウンドと甘く柔らかい歌声で始まる2ndシングル。恋人に対する想いを飾らない言葉で綴った詞が少しワガママなようで可愛くもある。東京スカパラダイスオーケストラのメンバー3人がホーンで参加。
07TEXAS
軽やかなメロディと歌声が印象的な5thシングル。柔らかい日差しの下にいるほのかなきらめきのあるキーボードのサウンドが心地よい。“君”がいるから“僕が笑う”という素直な気持ちと、どんな時も一緒に歩いていこうという優しさに満ちた詞が温かさを感じさせる。
08海原の月
7thシングルで映画『自虐の詩』の主題歌となったバラード。海のなかを漂っているような美しいメロディと大切な人との思い出をノスタルジックに描いた詞が涙を誘う。特にストリングスを効かせたサビが深く沁みる。
09The Still Steel Down
前向きにさせてくれるライトなメロディの6thシングル。悲しいことでいつまでも泣いていないで笑うことが大事だと教えてくれる、優しく温かい詞が沁みる。ギターは東京スカパラダイスオーケストラの加藤隆志。
10Lost child、
映画『人形霊』のテーマ・ソングとなった3rdシングル。静かなピアノのメロディに乗るヴォーカルが、ストリングスが加わることによってだんだんと感情が高まっていく。弱さを隠さないメランコリックな歌詞が切なくはかない。
11唄い前夜
3rdアルバム『shabon songs』に収録されたノスタルジックなナンバー。過去を振り返るばかりで変われないままでいる自分を描き出した詞と、どこか物悲しい声が胸に刺さる。哀愁漂うホーンが柔らかい。
12隣人に光が差すとき
静かなキーボードで始まる切ない恋のナンバー。憧れの“あなた”を見ないようにしてもどうしても目が離せない自分の弱い心を綴り、“アタシジャタリナイ”や“ア ナタニ ナリタイコ レ ジャタリナイ”という歌詞がより悲しさを表しているようだ。
13聖者の行進
1stアルバム『Middle Tempo Magic』に収録の、未来へ飛び出すために背中を押してくれる詞が印象的なミディアム・ナンバー。教会の窓に光が差し込む場面が浮かぶような温かく静かに鳴るオルガンをバックに、エモーショナルな歌声が響きわたる。
14はじまりの唄
柔らかくなめらかな歌声と浮遊感のあるオルガンが見事にマッチしたミディアム・スロー・ナンバー。“始まり”と同時に“おしまい”が消えていく。自分に訪れる明日には“あなた”はいなくとも、“あなた”のために明日を願うという詞が温かい。
[Disc 2]
01水色の調べ
02Green Bird Finger.
03雨唄
04み空
05HAPPY
06さみしがり屋の言葉達
07煙はいつもの席で吐く
08蒔かれた種について
09SUCRE HECACHA
10summer
11ニラカイナリィリヒ
12再生
13安全地帯
14さよならと君、ハローと僕
15六月十三日、強い雨。
タイアップ
  • 「HAPPY」 - テレビ東京「JAPAN COUNTDOWN」エンディングテーマ
  • 「さみしがり屋の言葉達」 - 日立「W32H」
  • 「パラレル」 - 日本テレビ「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」エンディングテーマ
  • 「海原の月」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「海原の月」 - 松竹「自虐の詩」主題歌
  • 「忘れものの森」 - フジテレビ「ギルガメッシュ」エンディングテーマ
封入特典
  • 約15000字本人書きおろし手記(初回のみ)
アーティスト
  • 安藤裕子
    1977年5月9日生まれ、神奈川県出身の女性シンガー・ソングライター/女優。2003年7月にミニ・アルバム『サリー』でデビュー。透明感あふれる歌声で人気を博し、2005年に「のうぜんかつら(リプライズ)」がCMソングに起用され、話題に。翌年……
  • 同時発売作品
    安藤裕子 / THE BEST '03〜'09 [CD+DVD]
    CTCR-14627〜B   3,714円+税   2009/04/15 発売
    安藤裕子 / THE BEST 安藤裕子 / THE BEST 安藤裕子 / THE BEST 安藤裕子 / THE BEST 安藤裕子 / THE BEST
    安藤裕子の初となるベスト・アルバム。初期の名曲「サリー」からCMソングとして話題を呼んだ「のうぜんかつら(リプライズ)」、新曲「はじまりの唄」までをコンパイル。洗練されたサウンドの中に、約6年間の成長……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015