シアターブルック / The Complete OF THEATRE BROOK [2CD] [再発]

はてなブックマークに追加
シアターブルック / The Complete OF THEATRE BROOK [2CD] [再発]
CD
再発
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE COMPLETE OF THEATRE BROOK
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    EPIC
  • 規格品番:
    ESCL-2677〜8
  • 価格:
    3,500 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    シアターブルック / The Complete OF THEATRE BROOK [2CD] [再発]をAmazon.co.jpで購入するシアターブルック / The Complete OF THEATRE BROOK [2CD] [再発]をHMV.co.jpで購入するシアターブルック / The Complete OF THEATRE BROOK [2CD] [再発]を楽天ブックスで購入するシアターブルック / The Complete OF THEATRE BROOK [2CD] [再発]を@TOWER.JPで購入する
    シアターブルック / The Complete OF THEATRE BROOK [2CD] [再発]を山野楽器で購入するシアターブルック / The Complete OF THEATRE BROOK [2CD] [再発]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
ファンキー・ロック・バンド、シアターブルック。95年のメジャー・デビュー作から2003年の『THEATRE BROOK』までの曲を、メンバー自身がセレクトした完全コンプリート・ベスト・アルバム。
収録曲
[Disc 1]
01ドレッドライダー
強力なグルーヴを体感できる16ビート・ファンク。全編にわたって躍動するアンサンブルが展開されるが、特に終盤の“強く”の連呼から粋なギター・ソロへの展開は鳥肌モノ。本曲でファンになった人も多い人気の高いナンバー。
02Bring Some Water
アコギの弾き語りで始まるミディアム・ファンク・ロック。次第にエモーショナル度を増していく佐藤タイジのヴォーカルが魅力で、後半クライマックスではライヴのような臨場感さえ醸し出す。歌詞は枯渇した愛がテーマ。
03ありったけの愛
ファン人気の高いグルーヴィなラテン風ナンバー。ベースとのユニゾンからバック・コーラス、終盤のスキャットまで、金子マリを大々的にフィーチャー。歌詞は生命を育む太陽をモチーフにしていて、スケールが大きい。
04捨てちまえ
ライヴ映えするファンキーな骨太ロック。沸々とこみ上げるロック・スピリットをダミ声を交えて吐き出す佐藤タイジのヴォーカルと、それを支えるタイトなバッキング演奏のバランスが絶妙。時折顔を出すムーグ・シンセもいい味を出している。
05立ち止まって一服しよう
打ち込みトラックと美しいアコギが淡々と響きわたるミディアム・スロー・ナンバー。都会の喧騒から一歩退いて、人生をふと見つめ直すといった味わいの歌。スクラッチやスライド風ギターなどの隠し味も実にセンスが良い。
06野蛮なローソク
スタイリッシュさ際立つアダルト・コンテンポラリー・ナンバー。洒落たエレピと粘り気のあるベースがスムーズな雰囲気を演出するなか、微妙に左右を行き来する不思議なエフェクトのかかったヴォーカルが展開される。
07心臓の目覚める時
情熱的な愛を綴ったスパニッシュ/ラテン・ファンク。聴きどころはサビを繰り返す終盤の力強いヴォーカルで、佐藤タイジの深い愛に根ざした男のロマンティシズムが感じ取れる。ギター・ソロ中はサンバ風味にシフトするところも興味深い。
08TEPID RAIN
ライヴでもしばしば披露されるグルーヴィなミディアム・ファンク・ロック。ダミ声からファルセットまで、初期レニー・クラヴィッツを彷彿とさせる奔放かつ熱いスキャットが聴きどころ。タイトルは“生ぬるい雨”の意。
09夢のアキレス腱
落ち着きのある16ビートが心地よいポップ・ファンク。佐藤タイジの少し力の抜けたソフトな歌いまわしはポップなメロディと相性バツグン。またサウンドにもソロ・スペースが多いので、彼のギタリストとしての魅力も発揮されている。
10ノックしつづける男
“キミ”を諦めないという強い想いをストレートに歌った疾走ロック。アンビエントなイントロからコーラスとドラムだけのポップな間奏まで、骨組みはシンプルながらも多様な展開を見せる。演奏も臨場感たっぷりだ。
11五反田ディレイセンター
ダンサブルなインスト曲。甲高いスネアを交えた4つ打ちビートを基調に、やや抽象的なギターとスペーシーなシンセが繰り広げられる。タイトルにある“ディレイ”エフェクトは主に左チャンネルのギターに使用されている。
12純粋無垢
エレクトロニカやAORなどの要素を嫌味なく採り入れたミディアム・バラード。過去や未来に思いを馳せながらも、“今”という瞬間の大事さを認識する美しくも切ない歌。佐藤タイジの声のサンプルの使い方が絶妙。
[Disc 2]
01TYPHOON SHELTER (Short Version)
02オレタチフューチャー
5thアルバム『THEATRE BROOK』から先行リリースされたダンサブルなエレクトロニカ。彼らにしては極めてキャッチーかつポップなナンバーで、歌詞も未来永劫の愛を願う純粋でわかりやすい内容だ。
03まばたき
コンテンポラリーなソウル・ファンク。サビの“ドアを開け一歩踏み出せ”に象徴されるように、人生のさまざまなシーンでそっと背中を押してくれるような勇気注入ソング。シングル・リリースもされた人気ナンバーだ。
04あふれ出すばかり
リリース当時、全国のFM局を中心に話題となった初期の代表曲。“涙”“舐めて”を情感たっぷりに連呼するサビが印象的。ファンキーなカッティングからノイジーなソロまで、ギターが楽曲のカラーを決定づけている。
05乾き過ぎた風
シャッフル基調の重いブルース・ロック。絶叫も交え、ふり絞るように歌い上げる佐藤タイジのヴォーカルには、彼の奥底にある強い生命力が感じられる。後半に展開される土臭さ全開のギター・ソロも聴きどころだ。
06One Fine Morning
カナダの大所帯ファンク・ロック・バンド“ライトハウス”の代表曲のカヴァー。中條卓のうねるベースを軸にしたグルーヴィな16ビートを土台に、鈴木桃子をヴォーカルに迎えての伸びやかなロング・トーンが爽快に響きわたる。
07直射日光
シンプルなギター・フレーズのくり返しが特徴的な重めのロック・ナンバー。ロー・ファイなエフェクト処理を施したAメロからスケール感のあるサビへの展開と、恐怖心に悶える赤裸々な恋愛感情を綴った歌詞が絶妙にマッチ。
08約束の虹
ファルセットを交えた華やかなイントロで幕を開けるファンク・ロック・チューン。中條卓のスラッピング・ベースや吉澤昭広のスクラッチ、雨上がりの虹をイメージさせるシンセなど、細部にわたる緻密なアレンジが光る。
09先生どうしてキスの仕方まで教えてくれなかったんだ
遊び心あふれる賑やかなハード・ロック・ナンバー。微妙に音を外しているようにも聴こえるAメロや、なかなか終わらないエンディングなど、アイディアが満載。歌詞はタイトル以上のことにはあまり触れていない。
10俺の手にはギター
スタイリッシュなファンク・ポップ。リヴァーブを深くかけた奥行きのあるヴォーカルが、歌詞の舞台である冬の朝焼けを、温度を伴ったイメージとして脳裏に浮かび上がらせる不思議な1曲。生楽器と打ち込みのバランスも見事。
11無実の子
浜辺の波のようなSEで始まる静かなナンバー。アコギとタブラ(打楽器の一種)を主体とした温もりのあるバッキング演奏が情感豊かな歌だけでなく、“タスケテ”や“最後の逃げ道だった”といったキツめの言葉も際立たせている。
アーティスト
  • シアターブルック
    1986年に佐藤タイジを中心に結成した、スピリチュアルでスケールの大きなロックを聴かせるロック・バンド。95年、ミニ・アルバム『カーム・ダウン』でメジャー・デビュー。中條卓(b)、エマーソン北村(key)、沼澤 尚(ds)を迎え入れ、日本屈……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015