チャーリー・ヘイデン&ゴンサロ・ルバルカバ / トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京 [SHM-CD]

はてなブックマークに追加
チャーリー・ヘイデン&ゴンサロ・ルバルカバ / トーキョー・アダージョ〜ライヴ・アット・ブルーノート東京 [SHM-CD]
SHM-CD
本作品は2014年に逝去したヘイデンが、ルバルカバと残した2005年ブルーノート東京でのライヴを音源化したもの。テクニックはもとより巧みな選曲と構成が素晴らしく、きわめてレベルの高い作品となっている。ヘイデン得意のデュオだけに落ち着いた深みのある一枚を十分に堪能できるだろう。★
唯一無二の音色と音楽性で愛されたジャズ・ベーシスト、チャーリー・ヘイデンが、2005年にゴンサロ・ルバルカバと行なった東京でのライヴを収録。彼の名デュオ作品のラインナップに加わったマスターピースの一つ。
トラックリスト
01EN LA ORILLA DEL MUNDO (THE EDGE OF THE WORLD)
02MY LOVE AND I
03WHEN WILL THE BLUES LEAVE
04SANDINO
05SOLAMENTE UNA VEZ (YOU BELONG TO MY HEART)
06TRANSPARENCE
仕様
SHM-CD
演奏
チャーリー・ヘイデン(B) ゴンサロ・ルバルカバ(P)
録音
2005.3
封入特典
  • 解説/海外ライナーノーツの日本語訳
  • チャーリー・ヘイデン
    1937年8月6日アイオワ州シェナンドーの生まれ。西海岸で活動後ニューヨークに移り、58年にオーネット・コールマンのグループに参加。69年にリベレイション・ミュージック・オーケストラを結成。ベーシストであると同時に、優れたオルガナイザー&バ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』
[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」
[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』
[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015