アヴィーチー / トゥルー [限定]

はてなブックマークに追加
アヴィーチー / トゥルー [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    TRUE
  • ジャンル:
    エレクトロ/ダンス(海外)
  • レーベル:
    ユニバーサル / PRMD
  • 規格品番:
    UICO-9066
  • 価格:
    1,886 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    アヴィーチー / トゥルー [限定]をAmazon.co.jpで購入するアヴィーチー / トゥルー [限定]を@TOWER.JPで購入するアヴィーチー / トゥルー [限定]をHMV.co.jpで購入するアヴィーチー / トゥルー [限定]を楽天ブックスで購入するアヴィーチー / トゥルー [限定]をTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
スウェーデン出身のEDMシーンの新星、アヴィーチーの2014年1月リリースのアルバム。ヒット・シングル「ウェイク・ミー・アップ」をはじめ、キラー・チューンが満載。アダム・ランバート、ナイル・ロジャース、ダン・レイノルズらが参加。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    10位 (2014/1/20)  ⇒  17位 (1/27)  ⇒  27位 (2/3)  ⇒  26位 (2/10)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    8位 (2014/1/20)  ⇒  18位 (1/27)  ⇒  15位 (2/3)  ⇒  16位 (2/10)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    9位 (2014/1/20)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    10位 (2014/1/20)  ⇒  5位 (1/27)  ⇒  8位 (2/3)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    9位 (2014/1/20)
収録曲
01WAKE ME UP
アルバム『トゥルー』からのリード・シングル。ヴィンテージ感あふれるソウルフルなヴォーカルのアロー・ブラックを迎え、カントリー/フォークとダンス・トラックを融合させた新機軸のEDMを提供。多忙な自身の心境を吐露したような歌だ。
02YOU MAKE ME
スウェーデンのポップ・シンガーのサラーム・アル・ファキールに待ちわびた人との出会いの喜びを歌わせたシングル。シンガロングやキャッチーなフレーズを繰り返すシンプルさが強い印象を残す。ポップでポジティヴなハウス・ダンサーだ。
03HEY BROTHER
渋いが耳なじみのよい歌声のダン・ティミンスキを迎えた、ブルーグラスとEDMの邂逅。兄弟姉妹に、君らのためならどんなことでもしてあげると問いかける家族愛を歌いあげている。シャキシャキとしたリズムと漂う郷愁のシンクロが新鮮。
04ADDICTED TO YOU
恋はしないと誓ったのに気つけばあなたに夢中! と胸の内を吐露する約2分半のラヴ・ソング。情熱的なヴィンテージ・ソウル風の歌唱は、ジュディ・ガーランドを親族に持つオードラ・マエ。マイナー調カントリーとダンス・サウンドが激しくも物憂げな心境を絶妙に描写。
05DEAR BOY
デンマーク出身の女性シンガー・ソングライター、MφをフィーチャーしたEDMトラック。ゲームのような恋愛をする者同士で踊ろうという悲しき性を、ハスキーな歌声と浮力のあるメロディで描く。インスト・パートが長めなクラブユースなトラックだ。
06LIAR LIAR
冒頭からの“嘘つき!”の叫びが刺激的な、ヴィンテージ・ソウル・ミーツ・EDMといった佇まいのクラブ・ダンサー。燻しのアロー・ブラックとスウィートな兄妹ポップ・デュオ“ブロンドファイア”の妹エリカという対照的なヴォーカルの交差が新鮮味を醸し出している。
07SHAME ON ME
オードラ・マエとステアリング・フォックスの一部エフェクトを駆使したソウルフルな歌唱をアクセントに送るエレクトロ・ダンサー。リズミカルでグルーヴィなトラックがファンキーな音色を好アシスト。恋愛に戸惑う恋人同士の葛藤を歌う。
08LAY ME DOWN
欲しいのは僕だけと言ってくれと懇願する男を歌うのは、『アメリカン・アイドル』出身のアダム・ランバート。ファンキーなギターを奏でるナイル・ロジャースの力を借りて、華やかなフューチャー・ディスコ風EDMを構築している。
09HOPE THERE'S SOMEONE
アンニュイなヴォーカルはスウェーデン出身、ジャズ・シンガーとしても活躍するリネア・ヘンリキッソン。眠りに就こうとすると悩まされる不安や怯えを、憂いを帯びた歌唱と不穏なメロディ・ラインで構築したダンス・トラックだ。
10HEART UPON MY SLEEVE
アルバム『トゥルー』本編ラストを飾る壮大なクラブ・チューン。侘びしく鳴らされるギターと低音で響くシンセ・ベースが交互に繰り出されながら、高揚を伴ったクライマックスへと展開する。イマジン・ドラゴンズが制作に参加。
11ALL YOU NEED IS LOVE
キュートなヴォーカルを配して愛の必要性を説くラヴ・メッセージ。キャッチーなヴォーカル・メロディとさざ波のように打ち寄せる鍵盤、後半からのエレクトロでインスト色強い展開など、彩りの異なる風景を演出。4つ打ちビートで終わるラストも印象的。
12ALWAYS ON THE RUN
いつも私たちは走り回っていると連呼するどこか物憂げなヴォーカルが切なさを漂わせる。推進力の高いリズミカルなビートが走るエレクトロ・ダンサーはアヴィーチーの得意とするところ。未来へと向かって走り出す情景を想起させる、インスト・パート多めの曲だ。
13CANYONS
約7分半のインストゥルメンタル・トラック。地中をうごめくような冒頭から陽光が降り注ぐ青空の下へ抜け出し、再びせりたつ高い壁に挟まれながら細い川を蛇行する……。まさに峡谷を進むような、閉塞と開放が繰り返される4つ打ちハウスだ。
14LONG ROAD TO HELL
アフリカに由来するカズーのような笛の音をアクセントに用いたハウス・ダンサー。鍵盤がリズミカルに跳ねるラグタイム風のサウンドをバックに、渋みある女性ヴォーカルが“地獄への長い道のり”について説く。滑稽な音とシリアスな話の組み合わせの妙が面白い。
15LEVELS
8ヵ国以上でプラチナディスクを獲得し、アヴィーチーを世界へと送り出した代表的シングルのラジオ・エディット。エタ・ジェームス「サムシングズ・ゴット・ア・ホールド・オン・ミー」を配した印象深いメロディアスな旋律で極上のダンス・サウンドを構築。
(11)(12)(13)(14)(15)ボーナストラック
タイアップ
  • 「WAKE ME UP」 - みずほフィナンシャルグループ「〈東京2020オリンピック・パラリンピック〉日本代表選手団応援」TV-CMソング
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • アヴィーチー
    1989年9月8日生まれ、スウェーデン・ストックホルム出身のDJ/プロデューサー。本名はティム・バークリングで、ティム・バーグやトム・ハングス名義でも活動。18歳で本格的なDJ活動を開始。2010年にジョン・ダールバックとの共作「ドント・ホ……
  • 同時発売作品
    UICO-1261   2,190円+税   2014/01/22 発売
    アヴィーチー / トゥルーをamazon.co.jpで購入するアヴィーチー / トゥルーをTOWER RECORDS ONLINEで購入するアヴィーチー / トゥルーをHMV.co.jpで購入するアヴィーチー / トゥルーを楽天ブックスで購入するアヴィーチー / トゥルーをTSUTAYAで購入する該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    スウェーデン出身のEDMシーンの新星、アヴィーチーの2014年1月リリースのアルバム。ヒット・シングル「ウェイク・ミー・アップ」をはじめ、キラー・チューンが満載。アダム・ランバート、ナイル・ロジャース……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015