ロバート・グラスパー / ダブル・ブックド [SHM-CD] [アルバム] [2016/11/23発売]ロバート・グラスパー / イン・マイ・エレメント[+1] [SHM-CD] [アルバム] [2016/11/23発売]ケニャッタ・ビーズリー / ブルックリン・マルディ・グラ+ワン [紙ジャケット仕様] [再発] [CD] [アルバム] [2016/10/26発売]マイルス・デイビス&ロバート・グラスパー / エヴリシングス・ビューティフル [CD] [アルバム] [2016/05/25発売]ロバート・グラスパー / カヴァード [CD] [アルバム] [2015/06/10発売]オーティス・ブラウン3世 / ソート・オブ・ユー [SHM-CD] [アルバム] [2014/10/01発売]ロバート・グラスパー / キャンヴァス [限定] [CD] [アルバム] [2014/08/13発売]ホセ・ジェイムズ / ノー・ビギニング・ノー・エンド [CD] [アルバム] [2013/01/16発売]サラ・モロウ / エレクトリック・エアー [CD] [アルバム] [2011/10/20発売]ロバート・グラスパー / ダブル・ブックド [CD] [アルバム] [2009/09/09発売]ロバート・グラスパー / イン・マイ・エレメント [CD] [アルバム] [2007/05/23発売]

ロバート・グラスパー

Robert Glasper (ロバート・グラスパー)
MyCDJ お気に入りリストに「ロバート・グラスパー(Robert Glasper) - CDJournal.com」を追加/削除するはてなブックマークに追加
アーティスト・プロフィール
ロバート・グラスパー
ロバート・グラスパーロバート・グラスパーロバート・グラスパー
1978年、米テキサス州ヒューストン生まれのジャズ・ピアニスト。幼い頃から教会でピアノを弾き、ゴスペル、ジャズ、ブルースなどの音楽に親しむ。2003年にアルバム『モード』でデビュー。2012年2月にロバート・グラスパー・エクスペリメント名義でヒップホップにアプローチしたアルバム『ブラック・レディオ』を発表。翌年2月の第55回グラミーでベストR&Bアルバムを受賞。2013年10月には続編となる『ブラック・レディオ2』を、2015年にはトリオを復活させて本人名義で『カヴァード』を発表。2016年5月には、マイルス・デイヴィスのリミックス作『エヴリシングス・ビューティフル』をリリース。
  • ロバート・グラスパーの情報を以下のサイトでもみる
    ロバート・グラスパーの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる ロバート・グラスパーの作品一覧をHMV ONLINEで調べる ロバート・グラスパーの作品一覧を楽天ブックスで調べる ロバート・グラスパーの作品一覧を@TOWER.JPで調べる ロバート・グラスパーの作品一覧を山野楽器で調べる ロバート・グラスパーをiTunes Storeで調べる ロバート・グラスパーをAppleMusicで調べる 

本文中にロバート・グラスパーが登場したCDJ PUSH(インタビュー/特集/企画)の一覧です。

ロバート・グラスパーが登場した雑誌「CDジャーナル」掲載の記事(インタビュー、特集ほか)一覧です。

ロバート・グラスパー
注目の若手“ジャズ”ピアニストが ヒップホップやR&Bの領域に踏み込んだ野心作
ロバート・グラスパーはもう何度も来日公演を行なっている。そ……(全文を読む)
[CDジャーナル2012年03月号掲載]

ロバート・グラスパー
ジャズとヒップホップの両方を体現する自由なマインドに迫る!
ジャズ・シーンにおける最高のヒップホップ・ピアニストと呼ぶ……(全文を読む)
[CDジャーナル2011年02月号掲載]

ロバート・グラスパー
ヒップホップのエッセンスを携えながら“ジャズ”と“トリオ”にこだわるピアニスト
ロバート・グラスパーは、ブラッド・メルドーに続く新進気……(全文を読む)
[CDジャーナル2007年07月号掲載]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』50周年記念エディション[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編]
[インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』
[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015