Jean Cocteau (ジャン・コクトー)
はてなブックマークに追加
プロフィール
1889年7月5日、フランス・パリ近郊のメゾン=ラフィットでクレマン・ウジェーヌ・ジャン・モリス・コクトーとして生まれる。姉、兄との3兄弟の末っ子。詩人、小説家、劇作家、評論家、画家、映画監督、脚本家など、いわゆる芸術家として多岐にわたり活動。前衛の先端を行く多くの芸術家との親交を結んだ。1909年、自費で最初の詩集『アラディンのランプ』を発表。ニジンスキーらバレエ人脈も増える。1915年頃からモンパルナスの画家との交流が始まり、サティやピカソとも出会う。1917年には、サティやピカソらと手掛けたバレエ『パラード』が初演。1929年、小説『恐るべき子供たち』を執筆。翌年、『詩人の血』の実質初の監督を務める。1934年、演劇『地獄の機械』を初演。1945年、代表作となる映画『美女と野獣』を監督。 1963年10月11日没。病床で親友のエディット・ピアフの死を知った数時間後に亡くなったともいわれている。
  • ジャン・コクトーの情報を以下のサイトでもみる
    ジャン・コクトーの作品一覧をAmazon.co.jpで調べる ジャン・コクトーの作品一覧をHMV ONLINEで調べる ジャン・コクトーの作品一覧を楽天ブックスで調べる ジャン・コクトーの作品一覧を@TOWER.JPで調べる ジャン・コクトーの作品一覧を山野楽器で調べる 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015