デュオ フォレスト ピアノデュオ ドゥオール(藤井隆史&白水芳枝) [CD] [アルバム] [2018/12/20発売]J.S.バッハ=ラインベルガー:2台のピアノのためのゴルトベルク変奏曲 ピアノデュオ ドゥオール [CD] [アルバム] [2016/01/20発売]ブラームス・イン・F ピアノデュオ ドゥオール [CD] [アルバム] [2015/05/20発売]カルナヴァル! ピアノデュオ ドゥオール [CD] [アルバム] [2014/06/18発売]JEWEL ピアノデュオドゥオール(P) [CD] [アルバム] [2011/11/15発売]SYMPHONIE ピアノデュオ ドゥオール(P) [CD] [アルバム] [2010/09/17発売]Deu'or ドゥオール(藤井隆史&白水芳枝) [CD] [アルバム] [2009/03/11発売]

ピアノデュオ・ドゥオール

Pianoduo Deu'or (ピアノデュオ・ドゥオール)
はてなブックマークに追加

J.S.バッハ=ラインベルガー:2台のピアノのためのゴルトベルク変奏曲 ピアノデュオ ドゥオール
ラインベルガーによる、バッハの最重要鍵盤作品である「ゴルトベルク変奏曲」の編曲。原曲を尊重し綿密に練られた対旋律の付加など、2台ピアノで演奏する魅力が満載の内容を、国内外で幅広い演奏活動を行なうピアノ・デュオ、ドゥオールが緻密なアンサンブル、明瞭かつ柔らかな音色で紡ぎ出している。
J.S.バッハ=ラインベルガー:2台のピアノのためのゴルトベルク変奏曲 ピアノデュオ ドゥオールをamazon.co.jpで購入するJ.S.バッハ=ラインベルガー:2台のピアノのためのゴルトベルク変奏曲 ピアノデュオ ドゥオールをHMV.co.jpで購入するJ.S.バッハ=ラインベルガー:2台のピアノのためのゴルトベルク変奏曲 ピアノデュオ ドゥオールを楽天ブックスで購入するJ.S.バッハ=ラインベルガー:2台のピアノのためのゴルトベルク変奏曲 ピアノデュオ ドゥオールを@TOWER.JPで購入する
J.S.バッハ=ラインベルガー:2台のピアノのためのゴルトベルク変奏曲 ピアノデュオ ドゥオールを山野楽器で購入するJ.S.バッハ=ラインベルガー:2台のピアノのためのゴルトベルク変奏曲 ピアノデュオ ドゥオールをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)

ブラームス・イン・F ピアノデュオ ドゥオール
ソナタが姉妹作のピアノ五重奏曲よりも一体感を増して聴こえるのはもちろんだが、意外に面白いのが交響曲。モティーフがオーケストラよりもつながって聴こえ、副次的な要素にも光が当たる。留学先のドイツ・マンハイムで2004年に結成されたデュオによる、5枚目のアルバム。
ブラームス・イン・F ピアノデュオ ドゥオールをamazon.co.jpで購入するブラームス・イン・F ピアノデュオ ドゥオールをHMV.co.jpで購入するブラームス・イン・F ピアノデュオ ドゥオールを楽天ブックスで購入するブラームス・イン・F ピアノデュオ ドゥオールを@TOWER.JPで購入する
ブラームス・イン・F ピアノデュオ ドゥオールを山野楽器で購入するブラームス・イン・F ピアノデュオ ドゥオールをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)

カルナヴァル! ピアノデュオ ドゥオール
ドイツで2004年に結成、ソリストとしての実力も兼ね備えた二人による4枚目のアルバム。透明感と伸縮自在なルバートで聴かせる「マ・メール・ロワ」、量感のある「魔法使いの弟子」。リズムと強弱にデフォルメを利かせ、描写性を強調した「動物の謝肉祭」も楽しい。
カルナヴァル! ピアノデュオ ドゥオールをamazon.co.jpで購入するカルナヴァル! ピアノデュオ ドゥオールをHMV.co.jpで購入するカルナヴァル! ピアノデュオ ドゥオールを楽天ブックスで購入するカルナヴァル! ピアノデュオ ドゥオールを@TOWER.JPで購入する
カルナヴァル! ピアノデュオ ドゥオールを山野楽器で購入するカルナヴァル! ピアノデュオ ドゥオールをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)

JEWEL ピアノデュオドゥオール(P)
ソリストとしても活躍する二人による3枚目のアルバムは、がらりと趣を変えて、エンタテインメント性の高い、色彩感の豊かな作品をずらりと並べた。時に過剰だったりするピアニスティックな編曲を自らも楽しみながら、気品ある演奏を聴かせる。ますます注目のデュオだ。
JEWEL ピアノデュオドゥオール(P)をamazon.co.jpで購入するJEWEL ピアノデュオドゥオール(P)をHMV.co.jpで購入するJEWEL ピアノデュオドゥオール(P)を楽天ブックスで購入するJEWEL ピアノデュオドゥオール(P)を@TOWER.JPで購入する
JEWEL ピアノデュオドゥオール(P)を山野楽器で購入するJEWEL ピアノデュオドゥオール(P)をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)

SYMPHONIE ピアノデュオ ドゥオール(P)
4手ピアノによるブラームスの管弦楽。作曲者自身の編曲とはいえ、音の厚みや持続があってこその作品、どうかなと思ったが、これが別もの。交響曲など晩年の小品を思わせる抒情の佇まいに思わず聴き耳が立つ。オケの響きに依拠せず楽器の音に感性を働かせた逸品。
SYMPHONIE ピアノデュオ ドゥオール(P)をamazon.co.jpで購入するSYMPHONIE ピアノデュオ ドゥオール(P)をHMV.co.jpで購入するSYMPHONIE ピアノデュオ ドゥオール(P)を楽天ブックスで購入するSYMPHONIE ピアノデュオ ドゥオール(P)を@TOWER.JPで購入する
SYMPHONIE ピアノデュオ ドゥオール(P)を山野楽器で購入するSYMPHONIE ピアノデュオ ドゥオール(P)をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)

Deu'or ドゥオール(藤井隆史&白水芳枝)
留学先のドイツ、マンハイム音楽大学で知り合い、ソリストとして活動後デュオを組んだ。これがデビュー・アルバムだ。なかなか良い。ダイナミックな表情と繊細な表情との対比や転換がうまい。十分なテクニックと音楽性を兼ね備えている。中ではラヴェルの2曲が良かった。
DeuDeuDeuDeu
DeuDeu該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015