荒井由実 / COBALT HOUR [再発]

はてなブックマークに追加
荒井由実 / COBALT HOUR [再発]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    COBALT HOUR
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    エキスプレス
  • 規格品番:
    TOCT-10713
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    荒井由実 / COBALT HOUR [再発]をAmazon.co.jpで購入する荒井由実 / COBALT HOUR [再発]を@TOWER.JPで購入する荒井由実 / COBALT HOUR [再発]をHMV.co.jpで購入する荒井由実 / COBALT HOUR [再発]を楽天ブックスで購入する荒井由実 / COBALT HOUR [再発]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
今の松任谷由実が荒井由実と呼ばれていた頃のアルバム、と言ったら十代の子にはわかるかな?もっと年を重ねた人にはもちろんわかるよね。“ユーミン、あなたは私の青春そのもの”と目尻下げる君に。今聞いても不思議と新しい。
ガイドコメント
75年発売の3枚目は、ひとつの旅を暗示しているコンセプト・アルバム。荒井由実の名を確立させた名曲「卒業写真」も収録されている。10曲の旅先の果てに、彼女だけの世界が繰り広げられる。
収録曲
01COBALT HOUR
セスナの効果音で始まる3rdアルバム表題曲。軽快な16ビートに乗せて、1組の男女が海辺を爽快にドライブする様を描く。1970年前後の名車“ベレットGT”が登場するなど、ユーミンのトレンド感覚が表われている。
02卒業写真
歴史的名曲と断言することに異論を唱える人はいないであろう名曲。ハイ・ファイ・セットのヴァージョンも傑作と名高いが、キャラメル・ママのヘッド・アレンジが切ないユーミン・ヴァージョンこそ“青春そのもの”。
03花紀行
春の終わりに桜が散る様を歌った、3拍子基調のやさしいナンバー。身に降る花びらを“過ぎゆく春の投げる口づけ”と表現するなど、詩人的センスに満ちた歌詞が魅力。ユーミンの素朴で温もりのある声が実に慎ましやかだ。
04何もきかないで
6/8拍子のムード・ジャズ風ナンバー。イントロの口笛や滑らかなストリングスなどのロマンティックなサウンドが、泡沫の恋のひとときをせめて色鮮やかに演出する。満天の星を連想させるギター・ソロも聴きどころ。
05ルージュの伝言
1975年リリースの、泣く子も踊り出す歴史的名盤『COBALT HOUR』に収録された曲で、米国ポップス黄金期のブリルビル系オールディーズへのオマージュというべき楽しい一曲。コーラス・アレンジは山下達郎。
06航海日誌
人の一生を船旅に喩え、ユーミンならではの人生観を歌ったスロー・バラード。わずかにビブラートのかかった高音域のヴォーカルやムーディなストリングスが印象的。歌詞中での表記が「後悔日誌」になっているのもオツ。
07CHINESE SOUP
ジャグ・バンド・ミュージック風ナンバー。これまでの恋愛をゴッタ煮のスープ料理に見立て、きれいサッパリ忘れようというユニークな1曲。松任谷正隆の実弟・愛介によるフィドルは聴きごたえあり。
08少しだけ片想い
自分を想う以上に相手を愛してしまっている、初々しい恋心を歌った軽快なポップ・チューン。ジェラシーや微妙な期待など、実に愛らしい女の子像を描いている。大々的に英語詞を取り入れた最初の作品でもある。
09雨のステイション
忘れることのできない恋人を歌ったミディアム・バラード曲。失恋後の傷ついた心と諦め切れない気持ちを、梅雨のにじんだ風景に紛らす。オーソドックスに洗練されたバンド演奏が、歌詞のうつろな雰囲気をよく出している。
10アフリカへ行きたい
3rdアルバムのラストを飾る軽快な16ビート曲。灼熱の大地への憧れと興奮を感じさせるスリリングに躍動するグルーヴが特徴的。歌詞中の“セスナ”はエンディングで効果音となり、アルバムの冒頭へ再び誘う。
タイアップ
  • 「ルージュの伝言」 - サントリー「オールフリー」TV-CMソング
  • 「ルージュの伝言」 - 東映「魔女の宅急便」オープニングテーマ
アーティスト
  • 荒井由実
    1954年生まれ、東京都出身。10代で作曲家としてプロ・デビューし、73年に『ひこうき雲』でシンガー・ソングライターとしてデビュー。フォーク一色だった当時の邦楽シーンを覆す、圧倒的な個性と天才的な表現力でニューミュージック時代の到来を告げる……
  • 同時発売作品
    荒井由実 / ひこうき雲 [再発]
    TOCT-10711   2,381円+税   2000/04/26 発売
    荒井由実 / ひこうき雲 [再発]をamazon.co.jpで購入する荒井由実 / ひこうき雲 [再発]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する荒井由実 / ひこうき雲 [再発]をHMV.co.jpで購入する荒井由実 / ひこうき雲 [再発]を楽天ブックスで購入する荒井由実 / ひこうき雲 [再発]をTSUTAYAで購入する
    ユーミンが荒井由実だった頃のオリジナル・アルバムとコンピレーション版をリマスタリングした作品。デビュー・アルバム『ひこうき雲』はディープな世界を表現し、音楽シーンに衝撃を与えた。……
    荒井由実 / MISSLIM [再発]
    TOCT-10712   2,381円+税   2000/04/26 発売
    荒井由実 / MISSLIM [再発]をamazon.co.jpで購入する荒井由実 / MISSLIM [再発]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する荒井由実 / MISSLIM [再発]をHMV.co.jpで購入する荒井由実 / MISSLIM [再発]を楽天ブックスで購入する荒井由実 / MISSLIM [再発]をTSUTAYAで購入する
    74年10月に発表されたユーミンのセカンド・アルバム。「海を見ていた午後」や「12月の雨」といった初期のユーミンの代表曲が聞ける。バック・コーラスに山下達郎や大貫妙子、吉田美奈子らが参加している豪華盤……
    荒井由実 / 14番目の月 [再発]
    TOCT-10714   2,381円+税   2000/04/26 発売
    荒井由実 / 14番目の月 [再発]をamazon.co.jpで購入する荒井由実 / 14番目の月 [再発]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する荒井由実 / 14番目の月 [再発]をHMV.co.jpで購入する荒井由実 / 14番目の月 [再発]を楽天ブックスで購入する荒井由実 / 14番目の月 [再発]をTSUTAYAで購入する
    シティ・ポップスの第一人者としての地位をユーミンが確立したアルバム。歌を聞いて情景が浮かんでくる「中央フリーウェイ」は、しっかりとロケハンまでしてつくった曲。見事に70年代の青春している(!?)アルバ……
    荒井由実 / YUMING BRAND [再発]
    TOCT-10715   2,381円+税   2000/04/26 発売
    荒井由実 / YUMING BRAND [再発]をamazon.co.jpで購入する荒井由実 / YUMING BRAND [再発]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する荒井由実 / YUMING BRAND [再発]をHMV.co.jpで購入する荒井由実 / YUMING BRAND [再発]を楽天ブックスで購入する荒井由実 / YUMING BRAND [再発]をTSUTAYAで購入する
    荒井由実だったころのユーミンのベスト・セレクション。ユーミンの第1期黄金時代ともいえるフレッシュな感性と独持のユーミン・サウンドが美しくマッチした名曲ぞろいで、上品でさわやかなメロディはいつ聴いても新……
    荒井由実 / Super Best of Yumi Arai [2CD] [再発]
    TOCT-10716〜7   2,857円+税   2000/04/26 発売
    荒井由実 / Super Best of Yumi Arai [2CD] [再発]をamazon.co.jpで購入する荒井由実 / Super Best of Yumi Arai [2CD] [再発]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する荒井由実 / Super Best of Yumi Arai [2CD] [再発]をHMV.co.jpで購入する荒井由実 / Super Best of Yumi Arai [2CD] [再発]を楽天ブックスで購入する荒井由実 / Super Best of Yumi Arai [2CD] [再発]をTSUTAYAで購入する
    目黒のサンマじゃないが、ユーミンは荒井に限るという世代には嬉しいベストでしょう。憧れのライフ・スタイルと洗練されたサウンドとが一体となり具現化したのがユーミンであった時代をここに見るのは、70年代に青……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015