ニルヴァーナ / ネヴァーマインド [再発]

はてなブックマークに追加
ニルヴァーナ / ネヴァーマインド [再発]
CD
ガイドコメント
カート・コバーンの自殺によって伝説と化したニルヴァーナの、通算2枚目となるメジャー・デビュー作。ハード・ロックのスタイルを真っ向から否定し、オルタナティヴ、グランジを確立した歴史的名盤。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    21位 (2011/10/10)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    7位 (2011/10/10)  ⇒  15位 (10/17)
収録曲
01SMELLS LIKE TEEN SPIRIT
全世界にその名を知らしめた、ニルヴァーナの代表曲。鬱屈したティーンの現状を歌ったエモーショナルなカート・コバーンの歌声、炸裂するギター、勢いよく打ち鳴らされるドラム、繊細で美しいメロディ。すべてが時代と符合した。
02IN BLOOM
チャド・チャニング時代の楽曲を、デイヴ加入後の91年に再録。デイヴの高音コーラスが印象的な、キャッチーでパワフルな曲調が曲調が魅力。歌詞の意味も知らずに歌う男を揶揄した歌詞が、ライヴでの大合唱を呼んだ皮肉めいた一曲だ。
03COME AS YOU ARE
エフェクター“スモール・クローン”をフル活用し、クリアな音色を折り重ねた幽玄な音世界を構築したナンバー。幾重にも重なったベースも深い余韻を醸し出す。“銃は持っていない”と歌う一節も、今では別の意味合いを持つ。
04BREED
キャッチーでパンキッシュな小気味よいナンバー。粗めのサウンドの中で際立つベースの歪み具合が絶妙。カートのギターは左右のチャンネルを移動し、不意打ちを狙う。当初のタイトル「Imodium」は、著作権を考慮し変更。
05LITHIUM
静から動へと転じるおなじみの曲調だが、あくまで速度の維持に固執した演奏が独自性を放っている。そこから生まれるグルーヴにも、他のニルヴァーナ作品にはない新たな旨味がある。歌詞に描かれたカートの宗教観も興味深い。
06POLLY
14歳の少女がレイプ・殺害された実際の事件を新聞で読んだカートが、淡々と歌うアコースティック・ナンバー。ソングライターとしての冒険心が犯人視点での歌詞を書かせたが、良識派からはレイプ肯定だと非難を浴びた。
07TERRITORIAL PISSINGS
ニルヴァーナの全曲中、最高速を誇るエモ・パンク・ナンバー。冒頭ではクリスが、ヤングブラッズの全米ヒット「ゲット・トゥゲザー」(69年)を楽しげに歌っている。簡潔で短い歌詞の中にも、カートのフェミニスト的視点は満載。
08DRAIN YOU
ストレートなラブ・ソングを装った二重三重に深読み可能な歌詞を、ハード・ポップなメロディに乗せた好曲。シンプルな曲調が急変するのは1分30秒近辺。おもちゃの人形を鳴らすなど、自由度の高いパートが挿入されている。
09LOUNGE ACT
カートがかつての恋人トビー・ヴェイル(ビキニ・キル)を歌ったクールなナンバーで、クリスのメロディアスなベース・プレイが最後まで魅力を放ち続ける。歌詞は、“生涯インディ・バンド宣言”とも解釈できて興味深い。
10STAY AWAY
オムニバス『DGC Rarities Vol.1』で聴ける、「Pay To Play」の歌詞変更再録ヴァージョン。ギター・リフを筆頭に血気盛んなバンド・サウンドが展開される攻撃的ナンバーで、“神はゲイだ”と歌う一説も。かなり挑発的だ。
11ON A PLAIN
何の構想も持たないまま作詞に励む自分の姿を、孤独な少年時代の情景に織りまぜたメタ文学的作品。キャッチーなフックを数珠つなぎしたメロディに、ドキュメンタリー性あふれる斬新な歌詞が魅力。どちらも興趣に富んでいる。
12SOMETHING IN THE WAY
これ以上は無理だろうと思われるほど抑えられたドラミングなど、歌も演奏も静謐紙一重のナンバー。息詰まるサウンドの一体感が、沈鬱な雰囲気を演出している。曲終了から約10分すると、ノイジィな隠しトラック「Endless Nameless」が登場。
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ニルヴァーナ(US)
    1987年、米ワシントン州アバディーンで結成されたロック・バンド。89年にシングル「ラヴ・バズ」でデビュー。その後〈ゲフィン〉へ移籍し、91年に2ndアルバム『ネヴァーマインド』を発表。パンキッシュなアティテュードを込めた詞と中低音域のヘヴ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015