レッド・ツェッペリン / 聖なる館 [紙ジャケット仕様] [限定] [再発]

はてなブックマークに追加
レッド・ツェッペリン / 聖なる館 [紙ジャケット仕様] [限定] [再発]
CD
ガイドコメント
シンセサイザー、メロトロン、6弦と12弦のダブル・ネック・ギターなどを駆使し、冒険的とさえいえる作風の73年5thアルバム。レゲエやファンクも取り上げ、ビルボードで1位を獲得。
収録曲
01THE SONG REMAINS THE SAME
02THE RAIN SONG
03OVER THE HILLS AND FAR AWAY
独り言のような生ギターのイントロから始まる曲。強烈なリフと強力なビートに支えられたサウンドに、異次元のギター・サウンドが効果的に挿入される。どこがリアルなのか混乱するエッシャーの騙し絵のような構造の曲。プラントの歌も禅問答のように響く。
04THE CRUNGE
ボンゾの変則的なリズム・パターンから生まれた曲。変拍子を導入した踊れないファンクに、ジェイムズ・ブラウンの「Take It To The Bridge」をデフォルメした歌詞を乗せたZEP流ジョークが楽しめる。そして彼らは最後まで“ブリッジ”を探している。
05DANCING DAYS
身体を捩るようなギター・リフから始まる曲。踊れないファンク「クランジ」とは異なり、この曲なら踊れる。プラントは“夏の宵のダンシング・デイズ”について歌っている。ライオンやオタマジャクシの話はよくわからないが、陽気な曲であることは間違いない。
06D'YER MAK'ER
07NO QUARTER
08THE OCEAN
ボンゾの無限のパワーを伝える発言から始まる曲。そのパワーをそのまま音楽化したかのような、ポジティヴな変拍子ファンク・サウンドとプラントの陽気な歌声が快感。終盤の“ドゥーワップ”の全面的肯定性はアルバム『聖なる館』の主題ともリンクする。
仕様
紙ジャケット仕様
アーティスト
  • レッド・ツェッペリン
    1968年、ヤードバーズのジミー・ペイジを中心にロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジョン・ボーナムの4人で結成され、69年にデビュー。パワフルなサウンドとプラントのヴォーカルで人気を集める。その後、アコースティック・サウンドも……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KERA、還暦記念ライブ直前インタビュー(よりぬき版)[インタビュー] illiomote 新たなモードのサウンドを詰め込んだEP
[インタビュー] ピアノYouTuberみやけん 待望の3rdアルバム![インタビュー] 加古 蓮/袈福新映像を追加した〈NHKスペシャル「映像の世紀コンサート」〉の聴きどころ見どころ
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015