トーキング・ヘッズ / リメイン・イン・ライト [再発]

はてなブックマークに追加
トーキング・ヘッズ / リメイン・イン・ライト [再発]
CD
ミニ・レビュー
奇想天外を英語でファンタスティックというがまさにファンタスティックなトーキング・ヘッズが世界的に有名になるきっかけを作ったアルバム。環境音楽のパイオニア、ブライアン・イーノが参加した最後のアルバムでもある。
ガイドコメント
ファンク〜アフリカン・ビートをロックのフィールドに大胆に取り入れた今作は、彼らにとって代表作であるとともに、80年代を語るに欠かせない1枚である。80年作品。
収録曲
01BORN UNDER PUNCHES (THE HEAT GOES ON)
フリーキーなギターとブンブン跳ねるファンキーなベース・ラインが混沌としたグルーヴを形成していくダンサブルなナンバー。パーカッションやポリリズムへの傾倒など、アフリカ音楽の影響がそこかしこに見え隠れしている。
02CROSSEYED AND PAINLESS
音数が少ないながらも印象に残るキーボードのフレーズや、ギターのプロセシング音のフィード・バックが印象的な曲。プロデューサーのブライアン・イーノが演奏でも参加し、5ピースでの分厚い演奏となっている。
03THE GREAT CURVE
ブラス・ホーンと金属的なギター・カッティング、パーカッションのビートが有機的に絡み合い、テンションの高い未曾有のグルーヴを生み出している。奇天烈なギター・サウンドは奇才エイドリアン・ブリューによるもの。
04ONCE IN A LIFETIME
エレクトロ・ミュージックのようなジェリー・ハリソンのループするキーボード・プレイとポエトリー・リーディングのようなデヴィッド・バーンの歌唱。2つの要素が絶妙に融合した昂揚感のあるアップ・テンポなナンバー。
05HOUSES IN MOTION
どファンクなサウンドにソウルフルなヴォーカルが炸裂する、熱すぎるナンバー。前衛トランぺッター、ジョン・ハッスルの鳴らす象の鳴き声のようなブラスも、この奇妙な世界を形成する要素のひとつとして効果的に機能している。
06SEEN AND NOT SEEN
ハンドクラップとベース・ラインが牽引するリズムを基盤に、シンセ・フレーズの断片が走馬灯のように駆け巡っていく。人類最初のハウス・ミュージックとエレクトロニカが同時に産声を上げたかのような、スペクタクル・ミュージックだ。
07LISTENING WIND
アラビア風のオリエンタル・サウンドを前面に押し出したナンバー。幻想的で浮遊感漂うサウンドを背景に、物語を語るように黙々と歌うバーンの歌声が、どこかしらルー・リードを彷彿とさせる。
08THE OVERLOAD
フリー・ジャズ的ともいえるノイジー&スペイシーなサウンドスケープの中に、重苦しいデイヴィッド・バーンの歌声が呪文のように響くサイケデリック・ナンバー。最後まで大きな盛り上がりはないが、マグマのようにうごめくサウンドは、かなりの熱さだ。
アーティスト
  • トーキング・ヘッズ
    1974年にデヴィッド・バーン、クリス・フランツ、ティナ・ウェイマスの3人で結成し、77年にジェリー・ハリスンが加わりデビュー。当初は知的なイメージが先行していたが、80年の『リメイン・イン・ライト』ではアフリカン・リズムを導入し、エスノ・……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015