松任谷由実 / PEARL PIERCE [再発]

はてなブックマークに追加
松任谷由実 / PEARL PIERCE [再発]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    PEARL PIERCE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    エキスプレス
  • 規格品番:
    TOCT-10646
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    松任谷由実 / PEARL PIERCE [再発]をAmazon.co.jpで購入する松任谷由実 / PEARL PIERCE [再発]を@TOWER.JPで購入する松任谷由実 / PEARL PIERCE [再発]をHMV.co.jpで購入する松任谷由実 / PEARL PIERCE [再発]を楽天ブックスで購入する松任谷由実 / PEARL PIERCE [再発]をTSUTAYAで購入する
収録曲
01ようこそ輝く時間へ
アルバム『PEARL PIERCE』のオープニング曲。夜の遊園地での大人のデートをテーマにしたスムージーなナンバーで、華やかなブラスやコーラスが美しい夜景を想起させる。意表を突くエンディングも面白い。
02真珠のピアス
ファンキーなリズムが心地良い失恋ソング。女と引っ越しする際に気付くようにわざと“あなた”のベッドの下にピアスを落とす物語。激しいギター・ソロは嫉妬心を、華麗なストリングスは最後の夜を象徴しているかのよう。
03ランチタイムが終わる頃
本当は“あなた”のことで頭がいっぱいなのに表向きは強がってしまう、そんなOLを描いた切ないナンバー。淋し気なピアノとファルセットのか細いヴォーカルが、昼時のオフィス街の雑踏の中の孤独感をよく表わしている。
04フォーカス
ずっとメガネをかけて生きてきた近眼女性のラブ・ソング。少し言い訳がましいセリフが実にチャーミングで、愛らしさに満ちあふれている。過度な演出を一切しない最小限のバンド・アンサンブルにも注目したい。
05夕涼み
恋人と2人きりで過ごした真夏の夕暮れを思い起こす、切ないスロー・ナンバー。Bメロ〜サビの滑らかなメロディと綺麗なハモりが聴きどころ。わずかに震えるユーミンの高音域でのヴォーカルには、独特の儚さがある。
06私のロンサム・タウン
日本海に面した北国の夜明けを描いたナンバー。街を漂うモヤを象徴するようなシンセの空間的なサウンドが印象的。歌詞に“バンド”が登場するのでユーミン自身の体験と考えられるが、強い思い入れはないのが特徴的。
07DANG DANG
切なさや淋しさといった心の傷に立ち向かう姿が特徴的な失恋ソング。1番のドスの効いた“D-DANGと〜”やブリッジ部分からサビへ戻るドラマティックな展開など、聴きどころ満載。ライヴ人気の高い1曲。
08昔の彼に会うのなら
タイトル通り、あれこれと想像を巡らすナンバー。随所にちりばめられたコンテンポラリーなフレーズやレゲエのようなグルーヴィなリズムが特徴的。結局、幸せだった想い出を壊さないためにも、昔の彼には会わないことに。
09消息
「グッド・ラック・アンド・グッバイ」「静かなまぼろし」に続く、“偶然街でかつての恋人を見かける”シリーズ。本曲は雨の降る駅のホームが舞台。電車が動き始めて姿が見えなくなるまでの数十秒を、ドラマティックに描いている。
10忘れないでね
アルバム『PEARL PIERCE』のラストを飾る静かなバラード曲。夜も明ける時間帯に電話をかけ、呼び出し音3回で切るという設定。悪いイタズラだが、浮気相手のどうにもならない切なさが秘められている。
アーティスト
  • 松任谷由実
    1954年1月19日生まれ、東京都八王子市出身のシンガー・ソングライター。愛称は“ユーミン”。72年に荒井由実名義のシングル「返事はいらない」でデビュー。76年に松任谷正隆と結婚し、松任谷由実名義へ。「ひこうき雲」「やさしさに包まれたなら」……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015