松任谷由実 / 悲しいほどお天気 [再発]

はてなブックマークに追加
松任谷由実 / 悲しいほどお天気 [再発]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE GALLERY IN MY HEART
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    エキスプレス
  • 規格品番:
    TOCT-10641
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    松任谷由実 / 悲しいほどお天気 [再発]をAmazon.co.jpで購入する松任谷由実 / 悲しいほどお天気 [再発]を@TOWER.JPで購入する松任谷由実 / 悲しいほどお天気 [再発]をHMV.co.jpで購入する松任谷由実 / 悲しいほどお天気 [再発]を楽天ブックスで購入する松任谷由実 / 悲しいほどお天気 [再発]をTSUTAYAで購入する
収録曲
01ジャコビニ彗星の日
夜空を思わせる静かなエレピ・フレーズで始まるミディアム・ナンバー。恋人との関係が自然消滅する過程の寂しい心情がテーマ。モチーフとなっている1972年のジャコビニ流星群は、予想に反して大出現はしなかった。
02影になって
微妙にバウンスするグルーヴが心地良い、スムージーなポップ・チューン。霧の立ち込める真夜中の街路樹の影を“優しい”と感じるなど、ユーミンの鋭い感覚が際立つ。シンセやギターのスタイリッシュなソロも聴きどころ。
03緑の町に舞い降りて
元気をくれる町、盛岡を歌ったナンバー。風のように軽やかなメロディに乗せて、空港に降り立つ時のトキメキや五月の美しい自然を描写。空港も“銀河の童話”の作者・宮沢賢治の出身地も、厳密には隣の花巻市になる。
04DESTINY
05丘の上の光
初夏の夕暮れ時に恋人と自転車を走らせる、青春の1ページのようなスロー・ナンバー。その瞬間に実感した彼への愛が永遠であることを願う、健気で純粋な心が綴られる。独特の美しさを秘めたサビのメロディが印象的。
06悲しいほどお天気
8thアルバムのタイトル曲。美術の道を目指していた若かりし頃を思い返すナンバー。ユーミン特有の浮遊感のあるメロディやジャジィなヴィブラフォン・ソロなどが聴きどころ。かつての恋人への歌とも解釈できる。
07気ままな朝帰り
10代を懐かしく思い返す軽快なポップ・ナンバー。ベースは失恋ソングだが、今は朝帰りもできるほど自由だということにテーマが置かれている。“気ままな”雰囲気を演出しているパーカッションや口笛が心地良い。
08水平線にグレナディン
雪も降る寒い冬の海原を進む船をモチーフにした幻想的なナンバー。一部、声が裏返るなど存在感のあるヴォーカルや間奏のベース・ソロなどが聴きどころ。共通した雰囲気を持つ“リリィ・シュシュ”時代のSalyuが好きな人にもおすすめの1曲。
0978
タロットをモチーフにしたファンキー・チューン。スケールの大きい歌詞やキャッチーなサビ、上田正樹によるソウルフルなしゃがれ声のバック・コーラスなど、聴きどころ満載。“78”とはタロットのフルデッキの枚数。
10さまよいの果て波は寄せる
8thアルバム『悲しいほどお天気』を締めくくる壮大なバラード。悩んだり傷ついた“私”を黙って見守ってきてくれた母なる海を高らかに歌い上げる。ポジティヴな曲で終わるのは、3rdアルバム『COBALT HOUR』以来。
アーティスト
  • 松任谷由実
    1954年1月19日生まれ、東京都八王子市出身のシンガー・ソングライター。愛称は“ユーミン”。72年に荒井由実名義のシングル「返事はいらない」でデビュー。76年に松任谷正隆と結婚し、松任谷由実名義へ。「ひこうき雲」「やさしさに包まれたなら」……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015