松任谷由実 / 昨晩お会いしましょう [再発]

はてなブックマークに追加
松任谷由実 / 昨晩お会いしましょう [再発]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    SAKUBAN OAISHIMASHO
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    エキスプレス
  • 規格品番:
    TOCT-10645
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    松任谷由実 / 昨晩お会いしましょう [再発]をAmazon.co.jpで購入する松任谷由実 / 昨晩お会いしましょう [再発]を@TOWER.JPで購入する松任谷由実 / 昨晩お会いしましょう [再発]をHMV.co.jpで購入する松任谷由実 / 昨晩お会いしましょう [再発]を楽天ブックスで購入する松任谷由実 / 昨晩お会いしましょう [再発]をTSUTAYAで購入する
収録曲
01タワー・サイド・メモリー
12枚目のアルバム『昨晩お会いしましょう』のオープニング曲。シャレたサウンド全開のコンテンポラリーなポップスで、神戸のベイエリアを舞台にした少女の失恋を描く。ユーミン得意のフィクショナルな1曲。
02街角のペシミスト
都会に出て来た若い女性をモチーフにしたシックなナンバー。不安を消すために刺激を求めて夜の街にくり出す彼女たちを、理解しながらも“ペシミスト(=悲観論者)”とレッテルを貼ってしまう客観的な歌詞が特徴的。
03ビュッフェにて
コンテンポラリーで落ち着いたサウンドの失恋ソング。強がってみたり謝ってみたりする、女性らしいリアルな心情描写が魅力。規則的なリズムを刻むバッキング演奏が、いかにも列車に揺られている感じを演出している。
04夕闇をひとり
洗練された旋律が印象的なコンテンポラリー・ナンバー。ユーミンの定番と言える失恋ソングだが、相手の新しい恋人の元を訪ねてしまうほど未練を引きずっているのが特徴的。“夕闇”という単語は精神的な意味合いが強い。
05守ってあげたい
女性が男性を守るという“スーパーウーマン”ユーミンを象徴する曲として、ユーミン研究家の間では認知されているが、そんなことはどうでもよくなるほど感動的な国民的名曲でしょう! 何度聴いても落涙。
06カンナ8号線
朗々たるエレキ・ギターのイントロが有名なミディアム・ナンバー。普通なら見落としてしまう、道路の中央分離帯に咲くカンナの花が素材になっている点もユーミンらしい。コンサートでは定番の曲。
07手のひらの東京タワー
ユーミンの曲に多いシックなコンテンポラリー・ナンバーのひとつ。東京タワーの形をした鉛筆削りをプレゼントするという素朴な内容だが、手のひらに収まるというところに“私”の壮大な想いが込められている。
08グレイス・スリックの肖像
若かりし日を思い出すことで今までの自分を振り返る重いバラード曲。取り返しのつかないことをしたような重々しさと失われた時間を取り戻すような切なさが印象的。意味深なイントロとエンディングのフレーズに注目。
09グループ
ユーミンらしい秀逸な曲展開が際立つポップ・チューン。友人の結婚式で憧れだった人に会えることを楽しみに、色々と想像を巡らすチャーミングな歌。フルートがユニゾンを奏でるサビのメロディが実に軽やかでハッピー。
10A HAPPY NEW YEAR
ユーミンのアルバムの中でも、とりわけコンセプト・アルバム的な印象を残す『昨晩お会いしましょう』のラストに収められたバラード。何とも言えぬ静寂感が、聴き終えた後にエコーのような深い余韻を残してくれる。
アーティスト
  • 松任谷由実
    1954年1月19日生まれ、東京都八王子市出身のシンガー・ソングライター。愛称は“ユーミン”。72年に荒井由実名義のシングル「返事はいらない」でデビュー。76年に松任谷正隆と結婚し、松任谷由実名義へ。「ひこうき雲」「やさしさに包まれたなら」……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015