松任谷由実 / SURF&SNOW [再発]

はてなブックマークに追加
松任谷由実 / SURF&SNOW [再発]
CD
再発
  • アーティスト:
  • 原題:
    SURF & SNOW
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    エキスプレス
  • 規格品番:
    TOCT-10643
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    松任谷由実 / SURF&SNOW [再発]をAmazon.co.jpで購入する松任谷由実 / SURF&SNOW [再発]をHMV.co.jpで購入する松任谷由実 / SURF&SNOW [再発]を楽天ブックスで購入する松任谷由実 / SURF&SNOW [再発]を@TOWER.JPで購入する
    松任谷由実 / SURF&SNOW [再発]を山野楽器で購入する松任谷由実 / SURF&SNOW [再発]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
80年に発表された10枚目のアルバム。映画『私をスキーに連れてって』の主題歌となった「恋人がサンタクロース」などを含む、夏と冬のリゾートにぴったりの楽曲がならんでいる。
トラックリスト
01彼から手をひいて
ヒット作『SURF&SNOW』の冒頭に相応しい軽快なポップ・チューン。“彼”を独占するために他の女性を蹴散らすという、初々しいラブ・ソング。バック・コーラスとの掛け合いやブロウするサックス・ソロなどが特徴的。
02灼けたアイドル
グルーヴィなイントロではじまるアダルト・コンテンポラリー曲。ビラ配りに成り下がったかつてのビーチのアイドルを通して、大人になる淋しさと淡いノスタルジーを歌う。80年代らしいシャレたサウンドが特徴的。
03人魚になりたい
別れる恋人との最後のダンスをドラマティックに描いたナンバー。控えめなAメロから、雰囲気を一変させるユーミンらしいキャッチーなサビへの展開が聴きどころ。大人の理想的な美しい別れ方のひとつと言えそうだ。
04まぶしい草野球
野球に夢中になる“あなた”を見に、お弁当を持って初めて球場を訪れる歌。歓声のSEやいわゆる“タメ”のリズムが特徴的なナンバーで、ハッピーで清々しい雰囲気に満ちている。当時の不二屋CMソングになった。
05ワゴンに乗ってでかけよう
ユーミンには珍しく男性側の立場を意識した、オールディーズ風ロック。ワゴンを直して旅に出よう、恋人を乗せようと、若者を鼓舞するポジティヴな内容。ベースとギターのユニゾンによるリズミカルなフレーズが特徴的。
06恋人がサンタクロース
バブル全盛期に一大ブームを巻き起こしたホイチョイプロダクション制作(通称“ホイチョイムービー”)の映画『私をスキーに連れてって』の主題歌となり、リヴァイヴァル・ヒットとなったユーミンの代表曲。
07シーズンオフの心には
往年のムード音楽のような華麗なコーラスで始まる、ハワイアン風ナンバー。避暑地での泡沫の恋をテーマにした傷心ソングで、失恋ゆえに“心はシーズンオフよ”と歌う。淋しさを和らげる美しいストリングスが印象的。
08サーフ天国、スキー天国
リゾート・ミュージックの草分け的存在『サーフ・アンド・スノウ』に収録された、アルバム・イメージを象徴する一曲。1番がサーフィン、2番がスキーという、ひとつの曲の中で2シーズン楽しめる曲も、この曲くらいでは?
09恋人と来ないで
岡田眞澄とのデュエット曲。2人だけの想い出にするため、最後の場所となるカフェテリアには新しい恋人を連れて来ないでと願う切ないバラード。岡田眞澄のシナトラのような低い渋い声が大人の雰囲気を醸し出している。
10雪だより
『SURF&SNOW』のラストを飾るミディアム・バラード。スキー場で出会った人からの葉書をテーマにした切ないナンバー。エレピの柔らかいサウンドやゆったりとしたリズムなど、オーソドックスな仕上がり。
タイアップ
  • 「まぶしい草野球」 - ハウス食品「プライムカレー」TV-CMソング
  • 「恋人がサンタクロース」 - 任天堂「ファミリースキー」TV-CMソング
  • 松任谷由実
    1954年1月19日生まれ、東京都八王子市出身のシンガー・ソングライター。愛称は“ユーミン”。72年に荒井由実名義のシングル「返事はいらない」でデビュー。76年に松任谷正隆と結婚し、松任谷由実名義へ。「ひこうき雲」「やさしさに包まれたなら」……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015