松任谷由実 / VOYAGER [再発]

はてなブックマークに追加
松任谷由実 / VOYAGER [再発]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    VOYAGER
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    エキスプレス
  • 規格品番:
    TOCT-10648
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    松任谷由実 / VOYAGER [再発]をAmazon.co.jpで購入する松任谷由実 / VOYAGER [再発]を@TOWER.JPで購入する松任谷由実 / VOYAGER [再発]をHMV.co.jpで購入する松任谷由実 / VOYAGER [再発]を楽天ブックスで購入する松任谷由実 / VOYAGER [再発]をTSUTAYAで購入する
収録曲
01ガールフレンズ
軽快な8ビート・ポップ。失恋した自分のために集まってくれた女友達と車で街へ繰り出す歌で、世の女性を勇気づける代弁者としてのユーミンが力量を発揮した1曲。この上なくキャッチーなメロディやシンセ・ベースなどが特徴的。
02結婚ルーレット
強力なグルーヴ感が魅力のファンキー・ポップス。プロポーズを待つ女性がシビレを切らし1発勝負に出るという恋愛ゲームの歌で、ファッショナブルな歌詞がいかにもユーミンらしい。ユニークなエンディングにも注目。
03ダンデライオン〜遅咲きのタンポポ
シンガーとしても高い評価を得ている原田知世がアイドルだった頃にユーミンが提供した曲で、ユーミン自身も名盤と名高い『VOYAGE』の中でセルフ・カヴァーしている。荒井由実テイストあふれる名バラード。
04青い船で
壮大なスケールのスロー・ナンバー。地球という大きな船に乗っている安心感と“あなた”といる幸福感を“なつかしい”という言葉で表現する、センスの良い歌詞が魅力。SF映画『さよならジュピター』のエンディング曲。
05不思議な体験
奇跡を起こす愛を歌った幻想的なナンバー。Aメロでは日常を、Bメロとサビではその“不思議な体験”を綴る。天使の声のようにすら聴こえる神秘的なサビとエンディングの優美なストリングスが最大の聴きどころ。
06ハートブレイク
現実的な失恋を歌った、16ビートの軽快なポップ・ナンバー。歌詞中多用される“だけ”という表現には切なさや諦め、強がりなど、様々な感情が込められている。歌の入らない部分の凝ったアレンジにも注目したい。
07TYPHOON
アダルト・コンテンポラリーな1曲。間近に迫った台風を理由に“こわいからあなたを離さないわ”と歌う憂鬱なナンバーで、物憂い雰囲気に満ちたサウンドと気だるいヴォーカルが印象的。前半の情景描写が見事。
08TROPIC OF CAPRICORN
南の海を舞台に情熱的な愛を歌ったナンバー。“サザンクロス”や“海流”といったスケールの大きい歌詞とパーカッシヴでスリリングなサウンドが、水しぶきの立つ熱い海原を想起させる。チョコレート菓子の歌ではない。
09私を忘れる頃
ムーディな雰囲気に満ちた別れの歌。日本的な描写や随所にちりばめられた“ふう”など、完成度の高い歌詞が魅力。ヴォーカル・メロディの隙間を埋める優雅なピアノやストリングスほか、アレンジの素晴らしさも際立つ。
10時をかける少女
映画の主題歌として原田知世に提供したヒット・ナンバーのセルフ・カヴァー。あまりに有名なサビ・メロディだが、今日聴いても遜色がないのはメロディが普遍的だからだろう。2つのヴァージョンを聴き比べるのも面白い。
アーティスト
  • 松任谷由実
    1954年1月19日生まれ、東京都八王子市出身のシンガー・ソングライター。愛称は“ユーミン”。72年に荒井由実名義のシングル「返事はいらない」でデビュー。76年に松任谷正隆と結婚し、松任谷由実名義へ。「ひこうき雲」「やさしさに包まれたなら」……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015