ザ・ビートルズ / レット・イット・ビー [再発][廃盤]

はてなブックマークに追加
ザ・ビートルズ / レット・イット・ビー [再発][廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LET IT BE
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    パーロフォン / アップル
  • 規格品番:
    TOCP-51123
  • 価格:
    2,427 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ザ・ビートルズ / レット・イット・ビー [再発][廃盤]をAmazon.co.jpで購入するザ・ビートルズ / レット・イット・ビー [再発][廃盤]を@TOWER.JPで購入するザ・ビートルズ / レット・イット・ビー [再発][廃盤]をHMV.co.jpで購入するザ・ビートルズ / レット・イット・ビー [再発][廃盤]を楽天ブックスで購入するザ・ビートルズ / レット・イット・ビー [再発][廃盤]をTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
同名映画のサントラ盤としても知られ、'70年春には8年間全米NO.1を記録した。一時期のスタジオ技術を駆使したものから、デビュー当初のシンプルなビートを狙ったつくりへと路線変更。もっとも、4人の呼吸は一致せず、ポールのソロへの布石ともとれる内容。
ガイドコメント
1969年8月にリリースするはずだった幻のアルバム『ゲット・バック』に大幅な変更を加えたのが本盤。フィル・スペクターがミックスを担当。1970年5月発表。
リサーチ
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    31位 (2009/9/14)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    10位 (2009/9/7)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    8位 (2009/9/14)
収録曲
01TWO OF US
エヴァリー・ブラザーズを思わせるポールのフォーキーな曲。リンダとの生活を描いた歌詞だが、ポールがジョンに“昔に戻ろう”と呼びかけている、という解釈も可能。ジョージはギターの低音弦でベースのパートを弾いている。最後の口笛はジョン。
02DIG A PONY
ジョンが書いたヨーコ讃歌のワルツ。ジョンらしい言葉遊びの歌詞とアーシーなバンド・サウンドが楽しめる。ユニゾンのギター・リフも印象的。アップル・ビル屋上で演奏したヴァージョンだが、ライヴならではの一体感もあり、よくまとまっている。
03ACROSS THE UNIVERSE
04I ME MINE
作者ジョージによれば「エゴの問題」を扱った「ヘヴィなワルツ」。土臭いサウンドが当時の空気を象徴している。ワルツ・パートでの哀愁のメロディが唐突にシャッフルのブギへと展開する構成もユニーク。フィル・スペクターによる大胆な加工と編集も聴きもの。
05DIG IT
12分25秒も続くジャム・セッションをフェイド・インとフェイド・アウトで50秒に編集。ここでのジョンは6弦ベースを弾きながら即興で歌っている。ポールはピアノを担当し、ヴォーカルも披露したが、ここでは未収録。ビリー・プレストンがオルガンで参加。
06LET IT BE
07MAGGIE MAE
リヴァプールに伝わるトラディショナル・ソング。クォリーメン時代のレパートリーだったこの売春婦の歌を、ジョンとポールはあえてリヴァプール訛りで下品に歌っている。50年代後半のクオリーメンのライヴを想像しながら聴くと楽しい。
08I'VE GOT A FEELING
ジョンとポールがそれぞれに作ったパートを合体させた共作曲。ポールの「俺」パートからジョンの「皆」パートへと移行し、最後は二人がそれぞれのパートを同時に歌う、という展開はさすが。アップル・ビル屋上での力強いバンド・サウンドが堪能できる。
09ONE AFTER 909
ジョンが17歳の時に書いた曲。シンプルなロックンロールだが、ジョンとポールが歌えばビートルズ・ナンバーへと鮮やかに変貌。アップル・ビル屋上でのライヴ録音だからこその躍動感もある。ビリー・プレストンがエレクトリック・ピアノで参加。
10THE LONG AND WINDING ROAD
『レット・イット・ビー』などに収録、シングルとしても発表されたナンバー。品格とスケールにあふれるバラードで、思いにふけりながら、救いを求める歌詞とあいまって、ビートルズの終焉を飾る名曲としても知られる。
11FOR YOU BLUE
ジョージがパティに向けて書いたブルージィなラブ・ソング。呟くような歌い方がよく似合う。ジョンがエルモア・ジェイムズばりのスライド・ギターを披露。ジョージの生ギターとポールのピアノもセンスがいい。地味ながら魅力的な名演。
12GET BACK
アーティスト
  • ザ・ビートルズ
    1960年に英国リヴァプールで結成され、62年にデビュー。ポピュラー・ミュージックの歴史を塗り替えた、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの4人組。ヒット曲を次々に出す一方、アルバム時代の到来を告げる傑……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015