ザ・ビートルズ / 1967年〜1970年 [2CD] [再発]

はてなブックマークに追加
ザ・ビートルズ / 1967年〜1970年 [2CD] [再発]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    THE BEATLES 1967-1970
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    パーロフォン / アップル
  • 規格品番:
    TOCP-51129〜30
  • 価格:
    3,844 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ザ・ビートルズ / 1967年〜1970年 [2CD] [再発]をAmazon.co.jpで購入するザ・ビートルズ / 1967年〜1970年 [2CD] [再発]を@TOWER.JPで購入するザ・ビートルズ / 1967年〜1970年 [2CD] [再発]をHMV.co.jpで購入するザ・ビートルズ / 1967年〜1970年 [2CD] [再発]を楽天ブックスで購入するザ・ビートルズ / 1967年〜1970年 [2CD] [再発]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
前記の「赤盤」では初期の躍動感と中期の叙情性が凝縮されているのに対し、こちらの「青盤」では中期の前衛性と後期の円熟味が味わえる。と一言でまとめてしまうのは実はかなり無謀だが。少なくともポピュラー音楽に関心のある人はやはり2枚とも聴かないと。
ガイドコメント
『1962〜1966』『1967〜1970』としてよりも“赤盤”“青盤”として知られている編集盤。シングルを発売順に並べ、間にポツポツと人気曲を挟んである。手始めにこの2枚からビートルズを聴きはじめる人も多い。ともに73年4月発表。
収録曲
[Disc 1]
01STRAWBERRY FIELDS FOREVER
1967年2月発表。ジョン・レノンが育った家の近くにあった救世軍の施設を取り上げたナンバー。レコーディングを重ね、さまざまな技術を駆使した不思議なサウンドはサイケデリックの先駆けともなったことで知られる。
02PENNY LANE
03SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND
04WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS
05LUCY IN THE SKY WITH DIAMONDS
“ダイヤモンドのルーシーは空の上”というジョン・レノンによる幻想的なポップ・ナンバー。三部構成によるもので、曲の途中でインドの楽器シタールが被さってくるといった、東洋風の味付けがサイケデリックだ。
06A DAY IN THE LIFE
名盤『サージェント・ペパーズ〜』の最後を飾るダイナミックな大曲。ジョン・レノンとポール・マッカートニーが作った歌をつなぎ合わせ、さらにオーケストラを使って徐々にキーをあげてゆき、最後にピアノの強打で終わる。
07ALL YOU NEED IS LOVE
08I AM THE WALRUS
09HELLO GOODBYE
10THE FOOL ON THE HILL
11MAGICAL MYSTERY TOUR
1967年発表。ビートルズ自らが製作したTV用同名映画の主題歌。これから始まる不思議な旅、という期待感をあおっていく見事な構成、最後にストレンジなピアノなどの音でフェイド・アウトしてゆく……といった圧倒的な出来栄え。
12LADY MADONNA
13HEY JUDE
14REVOLUTION
1968年8月「ヘイ・ジュード」とのカップリングで発表。冒頭から歪んだギターで迫るロック・ナンバーで、当時の社会風潮を少しクールに揶揄した歌詞、ジョン・レノンの「All right!」という叫びなどが印象的。
[Disc 2]
01BACK IN THE USSR
02WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS
03OB-LA-DI, OB-LA-DA
通称“ホワイト・アルバム”こと『ザ・ビートルズ』に収録。カリブ海を思い出させる、カリプソ風でテンポ・アップして喧騒的になったリズムに、ブラス・セクションをまじえた楽天的なメロディによるナンバー。
04GET BACK
05DON'T LET ME DOWN
1969年4月「ゲット・バック」のカップリングで発表。ジョン・レノンのリードによる曲で、女性へのストレートかつピュアな愛情を感じさせるロック・ナンバー。叫ぶように愛を歌うジョンの真骨頂を感じさせる名曲。
06THE BALLAD OF JOHN AND YOKO
07OLD BROWN SHOE
08HERE COMES THE SUN
清らかなアコースティック・ギターで始まるジョージ・ハリスン作の名曲。途中のリフレインでは当時珍しかったシンセサイザーの音色が聴ける。ジョージがエリック・クラプトンの家で曲を思いついたというエピソードは有名。
09COME TOGETHER
10SOMETHING
11OCTOPUS'S GARDEN
12LET IT BE
13ACROSS THE UNIVERSE
1970年のアルバム『レット・イット・ビー』などに収録。ジョン・レノン主導によるナンバーで、“何も僕の世界を変えることはできない”とまっすぐに歌う。インド風味を感じさせるアレンジなど広がりの空間も感じさせる。
14THE LONG AND WINDING ROAD
アーティスト
  • ザ・ビートルズ
    英・リヴァプール出身のロック・バンド。メンバーはジョン・レノン(g)、ポール・マッカートニー(b)、ジョージ・ハリスン(g)、リンゴ・スター(ds)の4名で構成。62年に「ラヴ・ミー・ドゥ」でデビュー。レノンとマッカートニーを中心に、210……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015